今年で35回目を迎えた東京オートサロン。日産ブースのトークショーに登場した田村宏志さんは、第1回のエキサイティングカーショーから無遅刻、無欠席を続けているほどカスタマイズカーを愛している方です。

1

田村宏志さんといえば、R35GT-Rとニスモのチーフプロダクトスペシャリスト(CPS)を兼任し、商品企画を行っています。連日開催されたトークショーでは、田村CPSがニスモのロードカーそしてR35GT-Rについて話してくれました。

まずその第1弾として、ノートE-Powerニスモについての話を紹介します。

今回の日産ブースで注目を集めたのが、2016年11月に登場したノートE-Powerです。通常は各車1台ずつしか展示しないのですが、ノートE-Powerニスモは白と赤の2台を展示しており、田村CPSの言葉からはその意気込みの高さが伺えます。

ニスモといえば白いボディカラーというイメージが強いですが、フェアレディZとGT-Rは赤のボディカラーを選べました。徐々にほかのニスモのロードカーでも赤を望む声が多くなり、鮮やかな赤なら街中でもパッと目立つし、もっとニスモの認知度が広がられるのではないかということで、今回ノートに設定したそうです。

電気自動車(EV)とニスモの関係性に疑問を唱える人もいるそうですが、クルマを操る歓びである、コーナリングや旅行中の道中を楽しむという意味でも、ニスモというキャラは大事なのだと話します。

そこで、ノートE-Powerニスモは新しいパワーユニットを活かして走る楽しさを味わえるように、まずエアロダイナミクスにこだわりました。バンパーからはじまり、細部に渡って空力の計算に基づいて作られ、風洞実験を行った形状になっているのです。

そして同時にサスペンションを変更していますが、ショックやバネ以上にノートE-Powerニスモはボディの骨組みにこだわったとのこと。つまり車体をきちっと構築し直して、それにあったタイヤとサスペンションを装着するという発想で、ハンドリングの味付けをまとめたそうです。

それを日産のエンジニア、特にオーテックジャパンが取り組んでいるそうです。すなわちニスモだけでなく、オーテックジャパンといういわゆる日産グループの英知を結集しているのがノートE-Powerニスモ。だからこそ日産のコア技術が結集したクルマなのだと胸を張って言えると話してくれました。

(萩原文博)

 

【東京オートサロン2017】商品企画を担当する田村CPSが語る、ノートe-Powerニスモの魅力とは?(http://clicccar.com/2017/01/16/436914/)