株初心者でも失敗しない「株主優待」の選び方! 「株主優待+配当」で最大20%超の高利回りを 得られる、人気の株主優待銘柄も大公開!

写真拡大

株主優待や配当は会社から株主への利益還元策の一つ。投資家にとっては、値上がり益とは別に得られる株式投資の楽しみとして人気があります。もらい損ねないよう、基本ルールをおさえておきましょう!

そこで「永久保存版 ゼロから始める株入門」の今回は、株初心者必見のおすすめな「株主優待株」を紹介します!

【目次】ゼロから始める株入門
【第1回】「株式投資」って何ですか?
【第2回】「儲かる株」の探し方
【第3回】「儲かる株」を見極める方法
【第4回】「株主優待株」の失敗しない選び方
【第5回】割安かを知る指標「PER」をサクッと学ぶ
【第6回】「株価チャート」の見方
【第7回】「証券会社」の選び方&「口座開設」のしかた
【第8回】損を小さくする「株の買い方」「株の売り方」
■【第9回】「ネット証券での口座開設」までの流れ
■【第10回】注文画面で株を買う方法
■【第11回】「板情報」の見方
■【第12回】「株で儲ける」3つの方法
■【第13回】株式投資でやってはいけないこと
■【第14回】「配当利回り」って何ですか?
■【第15回】「配当金」の受け取り方
■【第16回】「会社の業績」の見方
■【第17回】「危ない銘柄」を見抜く方法
■【第18回】「PBR」の意味をサクッと学ぶ
■【第19回】「株価チャート」の詳しい見方&使い方
■【第20回】「ローソク足」の見方
■【第21回】「移動平均線」の見方
■【第22回】株価の方向性を「トレンドライン」で見極める
■【第23回】「ダブルボトム」「ダブルトップ」を解説
■【第24回】「逆三尊(トリプルボトム)」「三尊天井(トリプルトップ)」を解説
■【第25回】「三角保ち合い」の見方を解説
<<【株入門・第3回】儲かる株の見極め方【株入門・第5回】株の割安度がわかる「PER」>>

「株主優待+配当」で
利回り5%超の株もある!

 ここでは、値上がり益や配当のほかに、株の楽しみである「株主優待」について解説しましょう。

 株主優待を実施している企業は、上場企業の3社に1社くらいで、徐々に増え続けています。飲食店や買い物で使える優待券や、その会社の自社製品が贈られることが多いようです。株主優待の情報は、各企業や証券会社のホームページで調べられるほか、Yahoo!ファイナンスなどでも、株主優待情報がまとめて提供されているので、ぜひチェックしてみましょう。

 様々なところから情報が提供されているなか、株初心者におすすめなのがネット証券会社の口座を開設したユーザーなら無料で利用できるスクリーニング機能。この機能を使うと、例えば「5万円以下で買える銘柄で優待を実施している銘柄」だけを簡単にピックアップすることができます。

 株主優待名人・桐谷広人さんが株主優待銘柄探しのためによく使っているのは、松井証券のスクリーニング機能。松井証券のスクリーニング機能は、検索結果に株主優待の有無が表示されるうえ、クリックすると株主優待の内容まで確認できるため、株主優待をきっかけに株を始めたい株初心者におすすめです。

【関連記事はこちら!】
⇒優待名人・桐谷さんを直撃!「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」おすすめは松井、SBI、東海東京の3社!

松井証券【詳細情報⇒松井証券の紹介ページ】
株式売買手数料(指値)松井証券の
詳細情報
10万円 30万円 50万円
0円300円500円
【桐谷さんが「初心者」に松井証券をおすすめする理由】
桐谷さんもよく利用している松井証券は、1日10万円までの取引は売買手数料が無料になるのが特徴。少額の株主優待銘柄に投資するなら手数料が無料になるのは魅力的だ。また、株式投資・金融情報サイト「QUICK」が無料で見られるほか、チャート分析ツール「チャートフォリオ」も無料で、桐谷さんも「とても便利でよく使う」とのこと。ただし、深夜は利用できる機能が少ないので、夜型の生活の人は要注意。
【関連記事】【松井証券のおすすめポイントはココだ!】松井証券の無料サービスと個性派投資情報を使いこなそう!


 下の表には、比較的少額で投資できて、その投資金額に対してワリのいい株牛優待や配当を出していると人気の会社をピックアップしました。

 表の株主優待・配当利回りというのは、商品券や割引券など金額換算できる株主優待は金額換算して、それに配当額を合計して、投資金額に対する利回りを計算したもの。5%くらいの利回りになるものも多く、銀行預金などに比べると、利回りの点ではかなり有利です!

株購入価格配当 株主優待+配当利回り権利確定月最新の株価
 ジャパンベストレスキューシステム(2453)
2万600円600円21.54%9月
【株主優待内容5000円相当の優待券
【注目ポイントカギ・水まわり・ガラス・PCなどの「生活救急車サービス」を展開。優待はその利用券。
 北の達人コーポレーション(2930)
4万7000円950円6.36%2月
【株主優待内容2037円(税込)相当の自社商品(洗濯せっけん)
【注目ポイント通信販売で成長を続ける会社・その人気商品が優待に。
 ティア(2485)
6万2000円800円9月
【株主優待内容お米3kg
【注目ポイント低価格・明朗会計を武器に全国展開で伸びる葬儀社。
 ヤマダ電機(9831)
6万4000円1600円7.19%3月,9月
【株主優待内容500円の優待券を2枚(3月)、4枚(9月)
【注目ポイント1000以上の現金による買物ごとに1枚利用可。株主期間により上乗せあり。
 ひらまつ(2764)
6万8000円2000円3月,9月
【株主優待内容優待カード(10%割引。3月、9月とも)
【注目ポイント展開するレストランで使える。有償フェアへの招待、オンラインでのワイン購入20%割引も。
 松屋(8237)
10万1000円600円2月,8月
【株主優待内容買物優待カード(10%割引)
【注目ポイント一部除外品有。セール品・食料品・レストラン等は2%割引。2月にもらえる買物優待カードは1年間、8月は半年間有効。
※2016年1月調べ。株購入価格、株主優待内容、配当は100株保有の場合。優待・配当利回りは1年で計算。

「株主優待」狙いでも
会社の将来性は忘れずにチェック

 株主優待・配当狙いの投資には注意点が3つあります。1つ目は、株主優待や配当の内容・金額は、今後もずっと維持されるとは限らないということ。株主優待や配当はあくまでも会社の利益から分配されるものなので、投資家としては将来性が安定している会社、将来性が明るい会社を選ぶ必要があります。

 そもそも将来性のない会社は株価が値下がりして損してしまうし、そうなると株主優待や配当も減らされたり、廃止されたりするリスクも高いと考えられます。そこで、株主優待や配当狙いの投資でも、業績や将来性は十分に考えて投資しましょう。

複数単位を買うなら、家族で名義を分けよう!

 2つ目は、通常、株主優待内容は保有株数に比例していない、ということ。そして、最低単位(株主優待がもらえる最低株数。通常は100株)の保有が利回り的に一番有利であることが多いということも知っておきたいところです。

 たとえば、ヤマダ電機の株主優待は、100〜400株の範囲では変わりがありません。そこで、200株以上保有するなら家族で名義を分けた方がいいでしょう。100株の保有者が家族で2人なら、その家族がもらえる株主優待は2倍になるからです。

 また、最近は保有期間が長くなると株主優待内容が増えるケースも出てきました。ヤマダ電機の場合、1年未満の保有だと、100株でもらえる株主優待は年間で3000円分。ところが2年以上の保有だと、7000円分にアップする。その場合、株主優待・配当利回りはなんと15.9%にもなります。

【※関連記事はこちら】
⇒株主優待利回りが長期保有で3〜4倍になる銘柄も! 「ヤマダ電機」など、長期保有優遇制度があり、優待廃止リスクも小さい「株主優待株」を紹介!

権利付き最終日、権利落ち日に注意

 3つ目の注意点は株を買う日。株主優待は配当と同じく通常は決算期末や中間期末の時点で株主であることがもらえる条件になります。このように株主優待や配当の権利が確定する日を「権利確定日」と言います。

 ただし、権利確定日に株主名簿に名前が載るためには、その3営業日前までに株を買う必要があります。この、ぎりぎり権利確定日に間に合う日を「権利付き最終日」と言います。そして、その翌日(権利確定日の2営業日前)は「権利落ち日」と言い、権利落ち日には株価も下がる傾向があります。そこで、株主優待がもらえなくてもいい場合には、権利付き最終日に株を売ってしまうというのも一つの手でしょう。

 ザイ・オンラインでは、最新の株主優待情報や株主優待人気ランキング、さらには株主優待名人・桐谷さんのおすすめ優待銘柄などを紹介しているので、ぜひこれらの情報を参考にして、お得な株主優待品をゲットしよう!

【関連記事はこちら!】
⇒【6月の株主優待の内容と優待利回りを調査!】
定番のマクドナルドに加え、サニーサイドアップ、
すかいらーくなど、優待を拡充する銘柄も多数登場!
⇒優待名人・桐谷さんを直撃!「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」おすすめは松井、SBI、東海東京の3社!

<<【株入門・第3回】儲かる株の見極め方【株入門・第5回】株の割安度がわかる「PER」>>
【目次】ゼロから始める株入門
【第1回】「株式投資」って何ですか?
【第2回】「儲かる株」の探し方
【第3回】「儲かる株」を見極める方法
【第4回】「株主優待」と「配当」の基本ルール
【第5回】割安かを知る指標「PER」をサクッと学ぶ
【第6回】「株価チャート」の見方
【第7回】「証券会社」の選び方&「口座開設」のしかた
【第8回】損を小さくする「株の買い方」「株の売り方」
■【第9回】「ネット証券での口座開設」までの流れ
■【第10回】注文画面で株を買う方法
■【第11回】「板情報」の見方
■【第12回】「株で儲ける」3つの方法
■【第13回】株式投資でやってはいけないこと
■【第14回】「配当利回り」って何ですか?
■【第15回】「配当金」の受け取り方
■【第16回】「会社の業績」の見方
■【第17回】「危ない銘柄」を見抜く方法
■【第18回】「PBR」の意味をサクッと学ぶ
■【第19回】「株価チャート」の詳しい見方&使い方
■【第20回】「ローソク足」の見方
■【第21回】「移動平均線」の見方
■【第22回】株価の方向性を「トレンドライン」で見極める
■【第23回】「ダブルボトム」「ダブルトップ」を解説
■【第24回】「逆三尊(トリプルボトム)」「三尊天井(トリプルトップ)」を解説
■【第25回】「三角保ち合い」の見方を解説

 株式投資を本格的に勉強したい株初心者には、書籍『めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 改訂第2版』がおすすめ! 全国の書店やアマゾン、楽天ブックスなどのネット書店でも送料無料で好評発売中。

◆『めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 改訂第2版』
 ⇒Amazonでの購入はこちら!(送料無料)
 ⇒楽天ブックスでの購入はこちら!(送料無料)