写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●デタッチャブルタイプを投入
パナソニックがレッツノートの2017年春モデルをリリースした。昨年にレッツノート20周年記念モデルをリリースしたのは記憶に新しいが、Windows 95の登場が文字どおり1995年。その頃にパソコン製品を投入すれば、20年が過ぎようというものだ。

ただし、ここまで長くPCブランドを維持することは並大抵のことではない。OSや部材を他企業から調達しなくてはならないPCは、大幅な利益を出しにくい構造にある。PC市場に進出したはいいが、撤退したナショナルメーカーもあるくらいだ。ライバル企業も多く、この市場で生き残っていくのは大変だが、レッツノートは13型液晶以下のモバイルノートで“一人勝ち”といわれるほどにもなった。

レッツノートの発表会に話を戻そう。筆者はほかに取材があり、今回発表された製品の中のフラッグシップモデル「CF-XZ6」をごく短時間、触らせていただいただけだ。だが、その感想はズバリ「ブレないな〜」というものだった。

触らせていただいたCF-XZ6は、タブレットしてもノートPCとしても使える“デタッチャブル”(着脱式)といかにも今様だったし、記憶に残るレッツノートは“光ドライブ搭載でも軽量”というのにこだわっていたが、当然、デタッチャブルモデルでは廃止されかなり薄型化していた(CF-SZ、CF-LXシリーズには光ドライブ搭載モデルがある)。

○軽さと長時間駆動がレッツノートの使命

それでも“ブレていない”と感じたのは、やはりその軽さにある。説明員の方によるとタブレット部で約0.59kg、キーボード部を接続しても約1.019kgだという。さらに、JEITA2.0測定法で約9時間、大容量バッテリなら約15時間駆動すると聞いた。軽くて長時間駆動、これはレッツノートが長年テーマにしてきたことだ。

そして、思わずニヤついてしまったのがそのデザイン。昔のマシンほどではないが、ディスプレイの裏側はほんのりと「ボンネット構造」が残る。これは、天板に凹凸を作ることで耐久性を高めるデザインだ。前出の説明員によると、「76cmの高さからの落下試験」「天板への100kgf加圧試験」に耐える設計だという。

ここでまたニヤついた。76cmは机の上から落下した場合を想定しての試験、100kgf加圧は満員電車で圧力を受けた場合を想定しての試験だ。これは、レッツノートがかなり古くから実施しているテストで、今でも続けているのかと驚いた。76cm、100kgfという数値にも昔と変わりがない

横キーピッチに比べ縦キーピッチが狭いという、賛否が分かれるキーボードをいまだに採用している点も昔のままだった。

●何とか横ばいのモバイルPC
つまり、とにかく“ブレない”製品づくりというのが製品から見て取れた。レッツノートが20周年を迎えたとはいえ、パナソニックはNEC、富士通、東芝に比べればパソコン市場では新参だ。だが、かたくなにコンセプトを貫くことで、モバイルPC分野では存在感を確固たるものにした。

では、どのような軌跡を描いたのか……。

パナソニックによると、13型未満のノートPC+コンバーチブルPCの分野で、12年連続シェア1位を獲得しているらしい。発表されたデータは2004年からとなり当時は19%でシェア1位となった。この年はインテルがセントリーノを発表した翌年で、このあたりからモバイルPCへの需要が高まり、2000年台後半になると街中でのWi-Fi環境が整備され、多くのビジネスパーソンがモバイルPCを持ち出すようになった。レッツノートの軽さ長時間駆動が、多くのビジネスパーソンに評価されたのは想像にかたくない。そして2015年、レッツノートは63%のシェアを獲得。一人勝ちといわれるのもうなずける。

スマートフォンの普及により、パソコン市場は苦戦している。JEITAの統計によれば2015年度のノートPCの出荷金額は前年比83.5%と低迷した。その中にあってモバイルノートは前年比99.1%となんとか横ばいを死守している。こうした市場傾向もレッツノートの好材料になったのかもしれない。

○社名変更時に起きたトピック

さて、パナソニックといえばある記憶がある。2008年1月10日午前、レッツノートの開発者とPR部隊数人は、製品プロモーションのため大阪から新幹線に乗り東京に向かっていた。おそらくその新幹線に乗っているあいだであろう。松下電器産業はパナソニックへと社名変更し、それを発表した。

そして午後一が筆者のいる編集部へのプロモーションだった。編集部を訪れたレッツノートPR部隊の方々に「御社、社名が変わりましたね」と問いかけたところ、みなさん、目を白黒させていた。社内での情報統制がよほどシッカリしていたのだろう。加えて新幹線に乗っていたため最新ニュースに触れられなかったのもタイミングが悪かったようだ。

(並木秀一)