15日放送の「報道ステーション SUNDAY」(テレビ朝日系)で、日本地図から長崎県が消えるミスがあった。

番組では、今シーズン最強寒波に見舞われた日本列島の様子を特集。テレビ朝日のウェザーセンターから、気象予報士の真々田竜太郎氏が、寒波が到来した原因と今度の予想を解説した。

真々田氏は、地図を示しながら偏西風が原因であることを説明すると、さらに拡大された日本地図を使い「九州の南から関東の南を通って偏西風がずっと流れている」と詳しく解説。

しかし、真々田氏が示した日本地図には、なぜか長崎県の五島列島や対馬を含む大部分が欠けていたのだ。

番組ではその後、平石直之アナウンサーが「先ほど最強寒波に関するニュースの中で、こちらの日本地図を表示した際、長崎県の一部この赤い部分が欠けていました」と該当箇所を指しながら話し、訂正した日本地図を改めて表示。「大変失礼いたしました」と謝罪していた。

【関連記事】
「報道ステーション」のテロップが誤記を連発 古舘伊知郎氏が2度も謝罪
NHK「あさイチ」で痛恨ミス アシカに「鈴木拓さん」とテロップ表示する
「NEWS ZERO」で痛恨の言い間違い 「ファイティング・ニモ」と紹介する