写真提供:マイナビニュース

写真拡大

STマイクロエレクトロニクス(ST)とValencellはこのほど、生体センサを搭載したウェアラブル機器向けの開発キットを発表した。同開発キットはSTの小型マルチセンサ・モジュール「SensorTile」とValencellの生体センサ・システム「Benchmark」を統合したもの。

「SensorTile」は13.5 × 13.5mmのIoT機器開発用小型モジュールで、32bitマイコン「STM32L4」、Bluetooth Low Energy通信用IC、MEMSモーション・センサ(加速度、ジャイロ、地磁気)、環境センサ(圧力、温度)およびデジタルMEMSマイクロフォンを集積している。SensorTile開発キットとValencellのBenchmarkセンサ技術を組み合わせることで、ウェアラブル機器にすぐに実装できるValencellのPerformTek技術パッケージが活用でき、ウェアラブル機器やIoT機器の試作・評価・開発を簡略化する。

STは「ValencellのBenchmarkソリューションは、小型のSensorTileに実装されたSTの高精度なMEMSセンサ技術と、STM32 Open Development Environmentを活用しています。ウェアラブル機器メーカーは、SensorTileとBenchmarkを組み合わせた開発キットを使用することで、高精度な生体センサを統合したさまざまなアプリケーションを迅速かつ簡単に開発することができます」と説明している。

(神山翔)