画像

写真拡大

 サイバーエージェントのブランド広告企業向け広告配信サービス「CA本部DSP」とMomentumの提供するアドベリフィケーションツール「BlackSwan」が連携を開始した。

 サイバーエージェントは、同社提供のブランド広告企業向け広告配信サービス「CA本部DSP」とMomentumの提供するアドベリフィケーションツール「BlackSwan」が連携を開始したことを発表した。あわせて「CA本部DSP」に、広告配信に伴うブランド価値毀損を回避する機能を追加した。

 アドベリフィケーションツールは、インターネット広告出稿において、テキストマイニング技術を用いてウェブページのワード検出、およびカテゴリ分類を行うことで、特定のカテゴリ・ワードを持つウェブページへの広告出稿を制御することができる。

 中でも「BlackSwan」は、適切・不適切な広告掲載面を、ブランド広告企業の業種毎に判別する広告自動判別機能を持ち合わせている。

 また「CA本部DSP」は、ブランドマーケティングの効果指標となるターゲットリーチやビューアビリティ(視認性)、ブランドリフト(態度変容)を向上する同社独自の新たなアルゴリズムを開発し、ブランド広告効果の向上に特化している。

 サイバーエージェントは同連携を通じて、より効率的な広告配信を可能にし、高度なブランドセーフティーを保ちながら、ブランドリフトの効果最大化を実現する狙いだ。

MarkeZine編集部[著]