「マッドマックス主演もう1度」続編を熱望

写真拡大

トム・ハーディが、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」続編への出演を熱望しているようだ。2015年公開の同作に続編の噂が立っていることについてトムは、監督のジョージ・ミラーから主役のマックスをもう1度演じて欲しいと連絡がくることを待っていると明かした。

続編が製作されるかという質問をザ・ラップから受けたトムは「そうだと思うよ。いつ始まるかは分からないけど、予定はあると思うね」「僕は連絡を待っているところなんだ。前作はすごく良かったからね」と答えている。

一方でミラー監督は2016年初旬に、あと2作の「マッドマックス」作品を作る意向を明かしていた。ミラー監督は同シリーズ作をもう作る気がないと報じられたことに対して、「あれは本当に事実をゆがめたインタビューだったね」「ニューヨークの喧騒の中で記者から質問をされていたんだ」「僕は(『マッドマックス』の)続編が次回作にはならないと言っただけなんだけど、その記者は僕が2度と作らないととったみたいだね」「次回作にならなくても僕にはあと2本のストーリーがあるのにさ」と話していた。

トムのほかシャーリーズ・セロンやニコラス・ホルトらが出演した「マッドマックス 怒りのデス・ロード」はシリーズ史上最高の興行成績を残している。