コマツ「講習3日でベテラン並みに操れる“ICT建機”」

写真拡大

■施工の効率化に「3D図面」が活躍

今年4月、国土交通省は土木工事における施工や検査などのプロセスで、現在の二次元の紙面図を前提にした基準を変更し、三次元データによる新基準を導入した。その見直しの背景には、建機のICT化をいち早く進めてきたコマツの存在がある。

同社の油圧ショベル「PC200i-10」は、ドローンやレーザースキャナで作成した工事現場の3D図面を入力すると、曖昧なレバー操作でもバケットが正確に作動する。GPSで自らの位置を割り出しながら、経験の浅いオペレーターでも熟練者と同等の作業を再現できるのだ。未経験者が3日ほどの講習で作業をこなせるようになるため、人材不足に悩む土木業界で注目を集めている。

(左)最新型のマシンコントロール油圧ショベル「PC200i-10」。(右)コマツのクラウドサービス「KomConnect」のサービス画面。「盛土量」「切土量」として進捗が「%」で表示されているのがわかる。

同社のスマートコンストラクション推進本部の四家千佳史本部長は言う。

「我々の目的は現場のすべての人、機械、土をつなげ、施工のプロセス全体をリアルタイムで可視化することです」

そこで同社がICT建機とセットで提供するのが、工事現場を「見える化」する「スマートコンストラクション」事業だ。

「従来の施工の方法にICT建機を入れるだけでは、全体の効率化にはつながりません。作業手順そのものを見直す必要がある」

スマートコンストラクションでは工事開始前の現場を3D化し、そのうえで土質の解析や効率のいい施工計画を割り出す。1日に必要な作業員や重機の数と作業状況を把握することで、工事の一連の動きを管理する。

「現場ではICT機能のない建機や人も同時に働いています。ですが、現場に一台でもICT建機があれば、施工現場をステレオカメラで撮影し、瞬時に三次元化することもできます」

■建機の「ルンバ」化ハードルはかなり低い

従来の施工管理では、現場監督が目視で進捗状況を確認、必要に応じて測点による測量を行っていた。もし土量の見積もりを間違えば、搬出に必要なトラックは不足する。建機が効率的に動いても、土が搬出できなければ作業は止まってしまう。

対してICT建機で進捗具合が可視化されれば、「工事を端から順番に進めるのではなく、数台の建機を一気に投入できる」というわけだ。

さらにICT建機の刃先に取り付けられたセンサーの情報は、同社のクラウド上で管理されている。将来的には熟練オペレーターの作業を解析し、現場ごとに最も効率のいい掘り方や手順を事前に導き出すことも可能になるはずだ。

「ICTやドローンの活用を国が前面に打ち出したことは強い追い風」と四家さんは話す。

「建機を現場にセットすれば、あとは掃除ロボットの『ルンバ』のように、無人エリアで建機が自動的に作業を行う。近い将来、そうなるでしょう。建設現場での自動運転の実現のハードルは、公道と比べてもずっと低い。最も遅れていた業界が一回りして、最も進んだ業界になったといえるかもしれませんね」

(ノンフィクションライター 稲泉 連=文 永井 浩、森本真哉=撮影(人物) AFLO=写真)