子供見守りサービス「ココセコム for au」が提供されるauのジュニアスマホ「miraie f(ミライエ フォルテ)」。「ココセコム」がスマホ対応となるのは今回が初(画像はプレスリリースより)

写真拡大 (全2枚)

 セコムは13日、KDDIがau向けに1月下旬から発売する新しいジュニアスマートフォン「miraie f(ミライエ フォルテ)」に、「ココセコム」サービス「ココセコム for au」を提供することを発表した。

 「ココセコム」は2001年4月からセコムがサービスを提供している、「持ち歩けるセキュリティ端末」による位置情報提供サービス。GPSと携帯電話基地局を使った位置検索と、セコムの緊急対処員による現場急行サービスを組み合わせたサービスで、子供や高齢者の見守り、女性の防犯対策、自動車やバイクの盗難対策などに活用することができる。

 セコムはこれまで「ココセコム」専用端末以外にも、ドコモやauの携帯電話、auキッズケータイ「mamorino(マモリーノ)」などに「ココセコム」を対応させてサービスを提供してきたが、対応端末はフィーチャーフォンに限られていた。今回の「miraie f」対応により、スマートフォンでも「ココセコム」による子供の見守りが可能になる。

 「ココセコム for au」で提供されるサービスは、通報サービス、位置情報提供サービス(セコムのオペレーターによる位置検索)、現場急行サービスの3つ。「miraie f」には防犯ブザー専用ボタンが搭載されており、これを押すだけでセコムに通報することができる。

 「miraie f」は「ココセコム for au」のほか、有害サイトや危険なアプリをブロックするフィルタリング機能、使いすぎを防止する利用時間制限機能なども搭載しており、防犯上子供にスマートフォンを持たせたいが使いすぎや有害サイトの閲覧が心配、という親にとって有力な選択肢と言えそうだ。

 「ココセコム for au」の加入料金と月額基本料は無料。現場急行料金は5,000円/回、位置情報提供料金は200円/回(いずれも税別)。

■関連リンク
防犯システムNAVI
防犯システムNAVI DATA BASE