画像

写真拡大

 富士通は、1月13日より、Marketo社のマーケティングオートメーションプラットフォーム導入支援コンサルティングサービスの提供を開始した。

 富士通は、Marketo社と協業し、同社のマーケティングオートメーションプラットフォーム導入支援コンサルティングサービスの提供を、1月13日より開始した。

 あわせて、「Marketo」と、富士通のデジタルマーケティング・ソリューション体系「FUJITSU Digital Marketing Platform CX360(以下、「CX360」)」内のビジネスマネジメントプラットフォームとを連携させる新機能を開発。

 「Marketo」から取り込むデータやWebログ、ソーシャルメディアのデータを組み合わせたマーケティングダッシュボードを「CX360」側に実装することで、複数のマーケティング施策の効果測定を一元管理できるようにする。また、「CX360」での分析結果を、「Marketo」に自動連携させる仕組みを構築し、タイムリーな施策を「Marketo」より実行できるようにする。

MarkeZine編集部[著]