韓国ガールズグループMVが中国で公開禁止

写真拡大

韓国の5人組セクシーガールズグループ・EXID(イエクスアイディー)の最新MVが、中国ネットユーザーの怒りを買っている。MVの撮影場所が“紫禁城”の前だったためだ。

物議を醸したのは「上下」という曲のMVで、EXIDの代表曲「UP&DOWN」の中国語バージョン。同MVは1月10日に公開され、多くの中国人ファンから称賛の声が届いているが、同時に批判的な意見も多数上がり、注目を集めることになる。

と言うのも、彼女たちがセクシーなダンスを披露しているバックには、中国の歴史的建造物である“紫禁城”が映し出されていたからだ。紫禁城はユネスコ世界遺産に登録されている明清朝の旧王宮だが、その格式高い建造物の前でセクシーな衣装を身にまとって踊るEXIDにユーザーが噛み付いたというわけだ。

しかし、実際は“紫禁城”と言っても、北京にある本物の前で撮影されたわけではない。MVは浙江省の横店映画村にあるレプリカの“紫禁城”の前で撮影されたものであり、事情を知ったファンや一部ユーザーは「そんなに大騒ぎすることでもないのでは」などと擁護する意見もある。しかし、それでも「本物であろうとレプリカであろうと中国の歴史を辱めている」などという批判的な意見も多く、結果としてこのMVはいったん公開禁止となり、後日別バージョンが公開されることになった。

最近、THAAD(高高度防衛ミサイル)配備の影響で、中国は韓国のエンターテインメントへの締め付けを強化していると報じられているが、今回の一件がそれと関係しているかどうかは今のところ不明だ。