画像

写真拡大 (全3枚)

 ソニーと、ルネサンスは、センサーから得られるショットデータと、カメラで撮影したプレイ映像を組み合わせ、テニスの上達を支援する「スマートテニスレッスンシステム」を開発した。2017年4月より、ルネサンスが運営するテニススクールで順次実用化される。

 ソニーは、ルネサンス協力の元、ラケット装着型センサー「Smart Tennis Sensor(スマートテニスセンサー)」から得られるショットデータと、カメラで撮影したプレイ映像を組み合わせることで、テニスのプレイを可視化、テニスの上達を支援する「スマートテニスレッスンシステム」を開発した。

 同システムは、2017年4月より、ルネサンスが運営する全国のテニススクールにて順次展開予定の「スマートテニスレッスン」を通じて実用化される。
スマートテニスレッスンのイメージ

 「スマートテニスレッスン」では計測したショットデータとプレイ映像を、コートサイドに設置された閲覧用のタブレットや、手持ちのスマートフォンで確認することができる。これにより、コーチはプレイヤーとより具体的に上達に向けた課題を共有することが可能となり、プレイヤーはコーチからのアドバイスと可視化された自分のプレイを比べることで、より効率的に上達に向けた練習を行うことができるようになる。
左:プレイ直後の確認に使用するプレイバックシステム
右:レッスンで蓄積したプレイデータを確認できるマイカルテシステム

 また、記録された映像およびショットデータやコーチからのアドバイスは、プレイヤーのスマートフォンからも繰り返し確認できるため、レッスン終了後の振り返りにも活用できる。

MarkeZine編集部[著]