子育てをしながら働くママにとって、働き方の1つに「103万円の壁」と言われる働き方があります。それは納税者(会社員)の夫において、妻が103万円以内の働き方であれば夫が所得控除を受けられる配偶者控除のこと。

それが今後「150万円」へと繰り上げられる政策が進んでいるのです。ワーママにとってそれはお得なことなのでしょうか?

なぜ103万円から150万円なのか 



子どもが小さいころは、育児と家事をしながら、空いた時間で仕事をしようと思うと昼間数時間のパートがちょうど良いケースもありますよね。

しかし、子供が成長していくにあたり昼間の空いた時間が増え、パートに出る時間を増やすことができるように。

しかし、ここで立ちはだかるのが103万円の壁です。本当は働けるけど、所得控除のために働くのを控えてしまう。

そんな家庭が少なくないのが今の現実です。そこでこの問題改善において、立ちはだかる103万円を150万円に繰り上げて女性の働きやすさに繋げたい、というワーママ目線からは朗報ともとれるのが今回の案です。

デメリットとはあるの?



ところが、103万円未満であれば支給されていた夫の会社からの「家族手当」が150万円になるとなくなってしまいます。

例えば子供2人の場合、平均月3万5千円程度となくなるには大きな痛手となる額です。さらに、現状では106万円を超えると社会保険の加入も義務付けられているため、150万円まで働くことが果たしてどれだけ得策になるかは、今の時点では検討の余地がありそう。

働く女性が増えれば企業側は人件を確保できても費用がかさむばかりということになりかねません。また国も控除額が上がるため実際には税金としての収益は増えないため、ある一定以上の高額所得者に対しては適応外にする案も浮上しています。

また、103万円の壁を取り払っても、控除を受けるために150万円以上の働き方をしない女性が出ることは変わりないでしょう。

働き方の見直しをしてみよう!



103万円未満の働き方を150万円に引き上げたところで、労働時間のわりにそこまでの収益が見込めなければただ大変なだけですよね。

仮に今後就労時間を増やすとしても、今の仕事でいいのか、または150万円以上の収入で働くのかを今一度見直すチャンスともいえるでしょう。

育児や家事との両立をせねばならないワーママにとって、損なく賢く働きたいものですね。

(文・森 初世)