一発で悪印象…次のチャンスをみすみす逃す「品のない」行動

写真拡大



初めてのデートはうまくいったはずなのに、それ以降彼から連絡なしなんてことありませんか。もしかしたら、彼は見たくないあなたの言動を見てげんなりしてしまったのかも。今回は男子に次はないなと思われてしまう品のない行動を紹介します。

■◆ だらしない座り方をする

「混んでいる電車の中で足を組んで座り続けた彼女にひきました。注意するにも注意できません。パンツも見えそうだったし…」(25歳/公務員)

「カフェで話しているとき、彼女が靴を脱いで椅子の上であぐらをかいていました。幻滅しました」(23歳/学生)

食事中や電車の中などふと気が抜けてしまう場面ではつい座り方もだらしなくなってしまうもの。そんなタイミングでは特に注意しましょう。背筋を意識して、足を閉じて座るようにするときれいに座れますよ。混んでいる車内や店内で足を組んだり投げ出したりするのは周囲に迷惑をかけてしまいますから、特にやめましょう。

■◆ 汚い言葉を使う

「かわいいと思っていた子が、ご飯のことを『飯』と言っていてショックでした。別にいいんですけど言葉遣いが汚いと印象がかなり変わります」(27歳/外資)

「いくら仲がいいといえ、電話で相手にむかって『おめー』とか『やべー』とか言っている子がいた。ヤンキーっぽいと思ってしまいました」(26歳/薬局)

油断したり仲良くなると、つい素の自分が出てしまいますよね。でも言葉遣いが汚いとそれだけで全体的な印象も悪くなってしまいます。ついつい男言葉を使ってしまったりする人は要注意。意識して言葉遣いを直していきましょう。

■◆ 食事中のマナーが悪い

「女の子と一緒にご飯を食べていたとき、お米に箸をつきさしたまま話している子がいました。僕はダメです」(27歳/広告)

「食事中に頼んだものを大量に残したり、大声で話したり、店員さんに文句言ったりと態度が悪い子は彼女としてはなしです」(29歳/不動産)

フルコースを食べるときのような食事のマナーを完璧に覚える必要はありません。でも、一緒に食べている相手が不快になる行動は慎みましょう。食べものを口にいれたまま話したり、くちゃくちゃと音をたてたり、食事マナーが悪いと生理的にムリな相手だと断定されてしまいます。

■◆ 身だしなみがだらしない

「荷物がやたら多かったり、カバンの中がぐちゃぐちゃな子はだらしないと思ってしまいます。付き合うのならちゃんとした子と付き合いたいです」(25歳/メーカー)

「露出しすぎな格好はダメ。品がないと思ってしまいます。遊び相手にはいいかもしれないですけど、彼女としてはないです」(26歳/メーカー)

靴のかかとをふんでいたり、やたらと荷物が多かったり、だらしなさを感じさせる身だしなみをしていると、品がないと思われてしまいます。服装はあなたを表現する大切な要素だと考えてデートのときは細かいところまでチェックしてでかけましょう。毛先、指先、足元など細かな部分にも要注意です。

■おわりに

初めてのデートのときはメイクや持ち物にこだわる前に自分の振る舞いからチェックしてみてください。食事・言葉遣い・服装、どれも彼の前だけでなく社会人として身に付けたいマナーです。素敵な言動で「この子をまた誘いたい!」と思わせてくださいね。(夏目英実/ライター)

(ハウコレ編集部)