公務員試験対策講座が人気の中央大学 (c)朝日新聞社

写真拡大

「地獄の沙汰も金次第」と言うが、今では「子供の将来も金次第」。教育費用がふくれあがるなかで、大学選びに失敗すれば、親子で人生設計を狂わされかねない。そこで本誌は、最新データと専門家の意見をもとに「コスパのいい大学」を調査。より賢い「本当の大学の選び方」を紹介する。

 今、大学関係者の間で「2020年問題」が危惧(きぐ)されている。20年は東京五輪・パラリンピックが開催され、お祭り騒ぎになっているはずだが……。

 日本銀行は「建設投資は、17〜18年ごろにかけて大きく増加した後、20年ごろにかけてピークアウトしていく」(「2020年東京オリンピックの経済効果」)と予想する。近年、大卒就職率は回復基調が続くが、あと何年続くかは不透明なのだ。

 教育情報を提供する「大学通信」の安田賢治ゼネラルマネージャーはこう話す。

「景気の減速が予想されると、企業は採用人数を抑えるでしょう。現在の就職活動は学生側の『売り手市場』ですが、20年はターニングポイントとなります」

 こんな先行き不透明な時代だからこそ、将来性があり、収入の安定した職業に就きたい。他方、学費を工面する親にとっては、わが子が望む大学に行かせたいと願いながらも、「できるだけコストは抑えたい」というのが本音ではないか。

 そこで本誌は、将来に期待できる職業別の収入と、その職業に就くために必要な学費を想定できる、二つの調査を紹介したい。

 一つは、厚生労働省などのデータを基に編集部が作成した「職種別平均収入ランキング」だ。

 ランキングの上位には医師や弁護士、公認会計士といった資格取得までの難易度が高い「士業」が多い。ただし、収入の高い士業は学費が高いのが難点だ。そこで、表も参考にしてほしい。これには、学部系統別学費の総費用平均を掲載している。

 私大医学部であれば、卒業するまでの総費用平均は3320万8552円。一方、国立大医学部は242万5200円で済む。

 弁護士を目指して私大法学部に進めば、423万9789円。他学部より費用は安いが、司法試験に向けてロースクール(法科大学院)に進学すると、さらに2年分の学費がかかる。なお、司法試験はロースクールを卒業しなくても、予備試験に合格すれば受験資格は得られる。だが、予備試験は狭き門で、合格率は3.9%(16年)。ロースクールに通わずに弁護士になるのは容易ではない。

 先々の学費を見越すのは、不況に強いと言われる理工系学部も同じだ。

「理工系学部の学生は、大学院で修士号を得てから就職することが多い。総費用平均の590万5753円だけではなく、追加で2年分の学費も準備しておく必要があります」(安田氏)

 将来性があり、安定した収入の得られる職業に就くには、学費の負担は避けられない。だからこそ、“コスパのいい大学選び”には確度の高い情報が欠かせない。リクルート進学総研の小林浩所長は言う。

「政府は来年度から返済の必要がない『給付型奨学金』を導入しますが、大学には様々な奨学金の制度があります。例えば早稲田大の『めざせ!都の西北奨学金』や青山学院大の『地の塩、世の光奨学金』は、合格発表前に交付を約束する『予約型』で、安心して進学できます」

 学費が安い理系大学と言えば豊田工業大。初年度納付金が93万2千円と、私大の文系学部より“お得”だ。これは、大学の収入の半分近くがトヨタ自動車による寄付で賄われているからだ。

 根強い人気の公務員就職対策も、大学によって費用に差が出る。『大学ランキング2017』(朝日新聞出版)によると、国家公務員一般職の合格者数は、早稲田大(318人)に次いで中央大(213人)が2位につける。好成績の理由を教育ジャーナリストの小林哲夫氏はこう分析する。

「中央大は文系学部が多摩キャンパス(東京都八王子市)にあり、生活費が安い。公務員試験講座も学内で安く受講でき、資格取得のために別の学校に通う『ダブルスクール』も必要がない。そのため、地方出身者から人気があります」

 学費以外の出費がコスパに響く場合もある。ここ数年の人気の高まりで新設が相次いだ国際系学部は、海外留学を義務付けることが多い。そのため、入学前に計画を立てないと、思わぬ出費に困ることになる。

「米国に1年間留学すれば、住居費や生活費、往復の飛行機代だけで数十万円かかりますし、就職活動でも、英語が堪能という理由だけで採用されるわけでもありません。むしろ、ベトナムやミャンマーなど経済成長が期待されるアジア圏の言語に対し、企業側のニーズは高い。英語以外のプラスアルファを身につけることを考える必要があります」(安田氏)

 大学選びで気になる指標の一つが就職率だろう。左の表は、学部系統別の実就職率(就職決定者数÷<卒業生数-大学院進学者数>×100)のランキングだ。トップは看護系学部で、他学部に比べて実就職率の高さが際立っている。

 16年2月に公表されたリクルート進学総研の調査でも、看護師の人気は高い。女子高生が就きたい職業と、女子高生の保護者が就いてほしいと思う職業は、共に看護師が1位だ。

「女性は結婚、出産、育児などでキャリアが制限されますが、看護師であれば、年齢や地域に関係なく就職先があり、一定の収入が見込めます。薬剤師や栄養士も同様です」(小林所長)

 ただし、大学を選ぶ際に気をつけたいことがある。前出の小林哲夫氏は言う。
「16年の看護師国家試験の合格率は89.4%ですが、大学によって差が大きい。なかには合格率が7割台の大学もあります。しかも、偏差値が高ければいいというわけではない。大学を選ぶ前に合格率は確認しておくべきでしょう」

 少人数教育が魅力の大学もある。私大医学部は、学費の高さに目を奪われがちだが、東京女子医科大は教員1人当たりの学生数の少なさは2.4人で1位(『大学ランキング2017』)。法政大も少数精鋭の教育を目指す。

「法政大が08年に創設したグローバル教養学部は、募集定員が100人と他学部より少ない。文学部や法学部といった歴史のある学部を抑えて、看板学部となっています」(小林氏)

 文学部でも、大学によっては就職が決して不利なわけではない。大学通信の調査によると、ノートルダム清心女子大文学部の実就職率は95.0%で、文学部で1位。2位の名古屋女子大(94.4%)、4位の武庫川女子大(92.1%)といった女子大文学部は、理系学部に劣らない好成績だ。

「文学部といっても、社会学や歴史学など学べる内容は幅広い。ユニークな人材も多く、そのような環境で大学生活を過ごせば人間の成長にもつながります。就職先も多種で、『文学部=就職に不利』ということではありません」(同)

 これまで「コスパのいい大学の選び方」を紹介してきたが、情報があふれる時代では「選択が難しい」と感じた人もいるだろう。前出の小林所長は言う。

「費用をかけて資格を取得しても、就職後に『思っていた仕事と違った』と辞めてしまうこともあります。そうならないために、親や教師は、大学で学ぶ主役である子供と、どのような勉強が必要で、どれだけの費用がかかるのか、様々なデータを交えながら『将来の人生プラン』について語ることが大切です」

 大学卒業後に「天職」と思える職業に就ければ、それが“最もコスパがいい”。後悔のない選択を。

週刊朝日 2017年1月20日号