イイのは顔だけ……。女子の「気持ちが冷めた」男の言動6つ!

写真拡大

ちょっと素敵だなぁ〜と思っていた男性から、思わぬ発言を聞いて、こんな人とは思わなかったと冷めてしまったことはありませんか? 今回は、社会人女性のみなさんに一気に気持ちが冷めてしまった男性の言動についてお聞きしてみました。

(1)自慢話もほどほどに

・「自慢ばかりで男尊女卑の気があったので引いた」(33歳/不動産/事務系専門職)
・「『俺ってスゴくない?』と仕事自慢されたとき」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

話している本人と聞いている人との間で、驚くほど温度差が激しいのが自慢話の不思議なところです。話している本人が熱くなればなるほど、聞いている方はどんどん冷めていってしまいます。

(2)身勝手さもほどほどに

・「何もかも強引で私の気持ちの配慮してくれない」(25歳/自動車関連/事務系専門職)
・「こっちの都合を考えずに、自分の都合を押し付けつけてくること」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

最初は多少の強引さも決断力がある人に見えてしまうことがありますが、いつもそうだと単なる身勝手な人になってしまいますよね。対等な立場が望めない関係では、一歩間違うと主従関係になってしまうことも……。

(3)ケチもほどほどに

・「ケチだったとき。誘われたのに割り勘にされたときはちょっと冷める」(22歳/自動車関連/事務系専門職)
・「ファストフードでお茶をしたとき、レジで『別々で』と言われたとき。200円くらいなんだし、誘ってきたのにごちそうしてくれてもいいのにと思った」(34歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)

いつもごちそうしてもらおうと思っている訳ではなくても、相手から食事などに誘っておきながら、即割り勘では、ガッカリしてしまいますよね。ファストフード店で割り勘はさすがにないかも?

(4)常識のなさもほどほどに

・「ありがとうとごめんなさいを言ってくれなかったこと」(28歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

日常で頻繁に使う感謝の言葉と謝りの言葉が自然と出てこないというのは、どうなんでしょうか? ちょっとしたことにもありがとうと言われるとうれしいものですし、間違ったことをしたときには素直に謝ってほしいものです。

(5)過去を引きずるのもほどほどに

・「元カノの名前と自分の名前を呼び間違えられた」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

元カノの名前で間違って呼ばれてしまったら、かなり傷つきますよね。まだ気持ちが元カノの方に残っていそうな感じがしますし、自分と一緒にいても元カノのことを考えているんじゃないかと思ってしまいそうです。

(6)勘違いもほどほどに

・「昔の悪かった自慢をされたこと。褒められることじゃないのにドヤ顔して馬鹿っぽい」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

確かに「昔は随分と悪さをしたんだよ」とまるで過去の勲章か何かのように話す人って、たまにいますよね。別に自慢することではないのに聞いている方は不思議ですよね。何て答えればよいかもわかりませんし……。

■まとめ

一気に気持ちが冷めてしまった瞬間についてご紹介してきましたが、同じような経験をされたことがある方も多いのではないでしょうか? いずれにしても、付き合う前に気づいて良かったですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数124件(22〜34歳の働く女性)