書くことこそが、最高の思考の整理法。(写真はイメージ)


 最近、人から「安田さん、どうやってそんなことを思いついたんですか?」なんて聞かれることが多いのですが、私も自分がどうやって考えているのかはよく分かりません。

 ただ1つ確実に言えるのは、書くことです。書くことによってアイディアや仕組みは生まれ、育ち、まとまっていっているとは言えるでしょう。

日記は20年、ノートは7冊

 これはちょっと恥ずかしいのですが、私は日記をつけています。20歳の時からの習慣なので、もう20年続いていることになりますね。事業のアイディアや記録については日記とは別のノートに書いていて、これも大小のノートが合計で7冊目になります。ブログももう300記事を超えましたが、それとは別にです。

 メルマガや小冊子、Facebookなどもありますから、実際にはもっと書いていますね。「一人合宿」といって、ノートだけを持ってビジネスホテルに泊まり込み、アイディア出しに専念することもありますし。なので、相当書いている方ですよね。

 これ、アイディアが溢れ出て止まらないから書き留めているというわけではなく、書かないとアイディアが出ないし、頭の中の整理ができないから仕方なく書いているというのが実情です。

書くことで気付くことが多い

 何かのテーマについて腕を組んでうなりながら考えていても、それは「下手の考え休むに似たり」だと思います。思考がぐるぐると同じところを巡回して、全くまとまらないでしょう。少なくとも、私はそうです。書かないで複雑なことを考えて結論を出せる人は、本物の天才だと思いますね。

 思えば、これはサラリーマンをしている時もそうでした。新入社員の頃は自分の能力を過信していましたから、メモも取らずノートもあまり使わず、ぱっと思いつくことで課題を解こうとしていました。ところが、みるみる複雑になる仕事を前にして、あっという間に「書かないと思考を整理できない」ということに気が付かされました。

 それこそ、それまで完全に軽く見ていた「図を書いて考える」なんてことが重要だったりするんです。社会人になって頭が悪くなったわけではなくて、それまでさほど複雑なことを考えたことがなかっただけなんですよね。

 なので私に言わせれば、社会人で天才でもないのに書いて考える習慣がない人は、つまるところ、あまり複雑なことを考えていないんだと思います。

自分のことは自分が一番分からない

 自分の強みや弱み、果たすべき役割などを考えるときも同じです。自分のことは分かっているようで、言語になっていないのが普通ですから。将来どうなれば幸せと言えるのか、そのためにはどういう経路をたどれば良いのか、何でも書いて考えないとそれなりの結論に達することはできません。もちろんその結論すら仮説に過ぎませんが、無いよりは正しい努力を積み重ねられる分、良いのです。

「自分のことは、自分が一番よく分かっている」というのは、完全に錯覚です。自分のことは、正しい外観を見ることもできないし、声も聞くことができないし、どんなときにどんな表情をするのか、そんなことすら分からないんです。せめてノートに書きながら考えることで、少しは見えてくるかもしれません。

 できれば、誰かに話をじっくり聞いてもらうのが良いでしょう。家族や友人でも良いのですが、そういう身近な人の自分のありのままの姿を飾らずに話すことは難しいですから、できれば客観的な視点で見てくれる「プロ」とキャッチボールしながら考えをまとめていくのが望ましいでしょう。

 要するに、コーチングです。コーチングの技術は人生をより良くするためには有益ですから、必要とするときに普通にコーチを雇えるくらいに、もっとこの国にも広がると良いですね。コーチングは人生に必要なスキルだと言えるでしょう。

ブログを書くのは、実は頭の整理になる

 考えをまとめるにはコーチングがベスト、次善がノートに書きまくることだと思うのですが、ブログを書くという手もあります。ブログはアウトプットというだけではなく、頭の整理になります。あるテーマについて考えたいというときに、そのネタでブログを書いてみると案外、気付きがありますよ。

「ブログをやっていて、ネタ切れしたらどうするんですか?」と聞かれることもありますが、考えるべきことはいくらでもありますから、それがすなわちネタです。必ずしも、知っていることを書くのではないんです。タイトルを書いてから考えたら良いんですよ。そうしたら、頭の中がまとまります。

 今日のこのテーマだって、タイトルだけを思い付いて、その他に書くことは何もない状態から書き始めています。小見出しを書いて、少し調べたりしながら本文を書いているうちに「あ、そうだそういうことだ」と話の筋が通ってくるんです。本当に、そんなものなんですよ。

 それでは、また。人生計画で夢を目標に変えて実現する、シナジーブレインの安田修でした。

筆者:安田 修