dm200-201
設定を変更して自分好みのポメラにしよう!

前回に引き続き、キングジム製のデジタルメモ帳「ポメラ DM200」(以下、DM200)の体験記、第2回です。購入から1ヶ月ほど経過し、仕事に趣味にとさまざまに活用するほどにその使いやすさに惚れ込んでしまい、見事に「ポメラニアン(ポメラ愛好家)」として育ちつつある今日この頃です。

DM200にはシンプルなインターフェイスとは裏腹に非常に豊富で便利な設定が用意されており、それらの設定を自分の使い方や用途に合わせてカスタマイズすることでより快適な文章入力が可能になります。今回はそういった細かな設定項目と設定時の注意点などを中心にレビューしたいと思います。

pomera-ss-040
ワープロ専用機だからこそ、文字入力の快適さにはこだわりたい


■メニュー項目と階層を覚えるのが快適な文章作成のコツ!
DM200にはファイル操作から文字入力支援、書式設定など多くの設定項目があり、キーボード左下にあるMenuキーを押すと画面上部にメニュー画面がポップアップする仕組みです。メニュー画面ではカーソルキーで項目の選択、Enterキーで決定、Escキーで1つ前の画面に、もう一度Menuキーを押すとメニュー画面を終了します。

dm200-202
MenuキーはWindowsマシンであればWindowsキー、Macであればcommandキーの位置にある


pomera-ss-006
メニュー画面は「書院」や「文豪」といった往年のワープロ専用機を彷彿とさせる


■「ファイル」メニューの操作
「ファイル」では新規保存や上書き保存の他に新規フォルダの作成や文章のプロパティを見ることができます。フォルダの作成などはメニュー画面が簡素であることから若干使いづらさを感じますが、ファイルの新規作成や既存ファイルを開く操作などは直感的で扱いやすい印象です。

pomera-ss-007
ファイル操作画面では画面下に各操作のショートカットキーが表示されるため操作に戸惑うことはあまりない


pomera-ss-039
プロパティ画面では文字コードや総文字数などが確認できる


■「編集」メニューの操作
「編集」ではコピー&ペースト操作や後述するアウトラインの一括操作などが出来ます。コピー&ペーストはPCでの操作と同じく「Ctrl+C」や「Ctrl+V」などでも可能で、PCでの文章作成に慣れている人であれば違和感なく利用できるでしょう。

pomera-ss-008
「切り替え」「すべて展開」「すべて折りたたみ」はアウトラインの操作項目。文章をアウトラインで細分化・階層化している場合に非常に便利


■「検索/挿入」メニューの操作
「検索/挿入」では任意の文字列検索や定型文の挿入などが行なえます。素早い文章作成や文章校正の際には必須となる作業なので使い方に慣れておきたい項目の1つです。

pomera-ss-010
「定型文」へユーザー辞書のようにあらかじめ文章を入力しておき、文章作成時にここから呼び出して挿入することで文章作成を高速化・単純化できる


pomera-ss-009
検索窓にも操作方法が小さく表示されており初めて利用する際にも安心だ


■「単語登録」メニューの操作
「単語登録」ではユーザー辞書の登録やPCで利用しているATOKのユーザー辞書のインポート、付録の国語辞典などが利用できます。

pomera-ss-011
文章作成の補助として活用したい項目が多い

インポート可能なユーザー辞書は前述の通り、PC向けのATOKのみとなっており、MS IMEやGoogle IMEからのインポートはできませんでした。

ユーザー辞書をインポートする場合はPC版ATOKからユーザー辞書をテキスト形式でエクスポートし、そのエクスポートしたファイルの名前を「pcatok.txt」に変更します。その「pcatok.txt」ファイルをSDカードなどに入れてDM200へ挿し、「インポート」の項目から読み込ませます。

インポートデータにある機種依存文字などはDM200で認識できずに「???」のように表示され正しく利用できないため、「単語登録」の項目から編集・削除を行ってください。

pomera-ss-001
すでに登録している単語などがある場合、インポートデータは上書きではなく追加登録される


pomera-ss-004
インポートするファイルがPC版ATOKのユーザー辞書ではなかった場合はこのような画面が出る。またPC版ATOKのユーザー辞書ファイルでもファイル名が違う場合はDM200側で認識されずインポートできないので注意しよう

補助辞書では日本語入力で使用する辞書データのON/OFFができます。普段使用しない分野の専門用語をOFFにすることで変換候補を減らせるため、用途に応じて選択しましょう。

pomera-ss-012
人文科学用語辞書、法律経済用語辞書、理工学用語辞書の3つはデフォルトでOFFになっている


■「ツール」メニューの操作
「ツール」には電子辞書やQRコード、そのほかWi-Fi通信機能を用いたデータのアップロード機能などがあります。ポメラSyncやアップロード、Bletoothキーボードなどについては次回レビューにて詳しくご紹介したいと思います。

補助辞書には国語辞典や英和辞典など4種類の辞典が搭載されています。文章を練る際に正しい用法を探したり英単語の綴りを調べたりするのにとても役立ちます。

pomera-ss-014
言葉の意味などをネット上で検索することが出来ない本機では意外と重宝する機能だ


pomera-ss-015
調べたい単語を直接入力する以外に作成した文章から単語をコピーしてから辞書を開くと自動で検索される機能もある

QRコードは作成した文章をQRコード化して画面に表示する機能で、QRコード読み取りアプリなどをインストールしているスマートフォンやタブレットなどにデータを送信する場合に非常に役立ちます。

作成するQRコードはサイズや形式を選択できるため、使用する媒体や端末に合わせて使い分けられます。長文の場合は作成するQRコードのサイズに応じて文章が分割されます。

またQRコード画面そのものをスクリーンショット機能で保存しPCなどで加工して資料や記事に添付するといった使い方もできます。

pomera-ss-017
地味に便利なQRコード作成機能


pomera-ss-102
iPhoneなどのQRコードアプリで読み込めばメモ帳などにもすぐに文章をコピーできる


■「表示」メニューの操作
文章作成において最も基本となり使用する際の使いやすさのほとんどを決めるのが、この「表示」の設定です。

「表示」では一般的な全画面表示以外にアウトライン表示や分割表示、グリッド表示、フレーム表示、行番号表示など様々な表示項目があり、項目によっては複数同時に設定することも可能です。

pomera-ss-019
筆者の場合発表会などでのメモ利用が多く、箇条書きでの書き起こしがメインとなるため各段落の移動が容易で質疑応答の階層化などが視覚化できるアウトライン表示に罫線のグリッド表示を併用している


pomera-ss-021
アウトラインと罫線グリッド、行番号を表示し白黒反転したもの。長時間の文章入力では白黒反転の方が目に優しく疲れにくい


pomera-ss-022
フレーム表示は任意の文字数や行数を指定できるため、文字数制限のある媒体へ寄稿する文章の作成などに役立つ


■「書式」メニューの操作
「書式」ではATOKの入力設定や文字設定、制御文字の設定などが行なえます。制御文字とは改行やスペースのことで、これらを表示することで文字数の確認や校正作業に役立てるものです。

pomera-ss-023
普段はあまり意識しなくても良い項目が多いが、一度目を通して自分の使いやすい設定を探してみるといいだろう


pomera-ss-025
入力方式はMS-IME方式とATOK方式が選べる。普段PCなどで使っている方式に合わせよう


文字サイズは16dotから48dotまでの6段階から選択可能で、縦書き表示への切り替えや行間の広さの設定も「文字設定」の項目から行えます。

pomera-ss-035
文字サイズ設定の右側の窓には実際の文字のサイズのプレビューが表示される


pomera-ss-036
最大の48dotに設定してみた。さすがに大きすぎて使いづらい


pomera-ss-037
小説やエッセイなどの執筆には縦書きのほうが文章としての感覚を掴みやすいかもしれない


pomera-ss-046
文字をゴシックから明朝に変えてみた。筆者的にはこちらのほうが読みやすく快適に入力できると感じた


■「設定」メニューの操作
「設定」にはDM200の本体設定を行う項目が集まっています。電源管理の項目では画面を消灯するスリープや電源を自動的に切るオートパワーオフの設定を、ファイル管理の項目では作成したファイルを本体メモリーに保存するかSDカードに保存するのかを選択できます。

DM200のバックライトは自動調光されないため、明るい屋外や暗い会議の席など状況に応じて手動で設定する必要があります。このバックライト設定のように使用状況に応じて頻繁に設定変更が必要なものについてはファンクションキーなどにあらかじめショートカットとして設定しておくことが可能です(バックライト設定はデフォルトでF9キーに設定されている)。

pomera-ss-042
意外と使用頻度の高い項目が並ぶ「設定」メニュー


pomera-ss-033
電源管理も個人個人で好みが変わる部分。バッテリー持続時間を選ぶか入力快適性を選ぶか


pomera-ss-028
バックライトは6段階に調整可能。利用シーンに応じて見やすい設定に変えよう

キー設定ではキー割付やショートカットキー、親指シフト、Bluetoothキーボードの設定などが行なえます。ショートカットキーの設定はF1〜F10までの全てのファンクションキーに行うことができ、この他に「Shift+F1」と「Shift+F2」の組み合わせにも設定が可能です。

pomera-ss-045
F1〜F10まではデフォルトで設定されている(変更可能)。Shift+F1とShift+F2は筆者の場合スクリーンショットと上書き保存に設定した

フォーマットは本体ストレージとSDカードそれぞれで行うことが可能で、本体ストレージをフォーマットするとメニュー項目で設定した全ての内容が工場出荷状態(デフォルト設定)に戻されます。

パスワードの設定は持ち歩きを前提とした本機だけに必ずしておきたいところです。パスワードを設定すると電源投入時やPCと接続した際にパスワードの入力を求められ、正しいパスワードを入力しない限り操作できません。

pomera-ss-029
仕事で利用するなら購入して最初に設定しておきたい


pomera-ss-043
パスワードを設定後、本体を開くと必ずこの画面から始まるようになる

本体情報ではストレージやSDカードの容量や使用状況が確認できます。またファームウェアバージョンなども表示されます。

DM200のファームウェアは昨年12月16日にVer.1.1が配信され、カレンダー機能の向上や変換文字候補サイズに32dotが追加されました。最新ファームウェアへのアップデート方法やアップデートファイルのダウンロードなどは公式サイトにて公開しています。

「ポメラ」DM200 ソフトウェアアップデートのご案内


pomera-ss-027
ファームウェアのアップデートにはPCが必須となる


■利用用途やシーンに応じて設定を使い分けよう
以上が主なメニュー項目の紹介になります。非常に豊富で詳細な設定が行なえ、項目の緻密さからも単なる“テキスト入力マシン”ではない実用性が伺えます。実際に利用していても「痒いところに手が届く」素晴らしい使い勝手で、ストレスを全く感じないレベルにまでカスタマイズすることが可能です。

Webサイト向けのライティング作業から小説の執筆、インタビューの書き起こし作業やプレゼン資料の制作など、文章を書く必要がある作業や仕事は多岐にわたります。それらの要求1つ1つに細かく対応でき、しかもその設定が明確且つ簡潔に行えるという点でも本機のメニュー構造は非常に優れていると感じました。

次回はポメラSyncやアップロード機能、Bluetoothキーボードなど、外部機器との連携を中心に使い勝手や接続方法などをレビューしたいと思います。





■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
ポメラ DM200 関連記事一覧 - S-MAX
DM200|デジタルメモ「ポメラ」|キングジム