「Thinkstock」より

写真拡大

 インバウンド(訪日外国人)増加の勢いが止まらない。石井啓一国土交通相は1月10日の閣議後、2016年に日本を訪れた外国人観光客が前年比21.8%増の2403万9000人だったと述べた。増加は5年連続だ。

 かつての爆買いが影を潜め、百貨店業界などは新たなインバウンド対策に迫られているが、絶対的なニーズがあることは間違いない。最近は東京-富士山-京都-大阪のゴールデンルートだけでなく、その周辺地域にも注目が集まっている。ある旅行ライターは、その最たる例が滋賀県だと言う。

「これまで京都、大阪の影に隠れた存在でしたが、この数年は滋賀県を訪れる外国人観光客が急増しています。15年の外国人延べ観光客数は約47万6000人で、前年比19万人超の大幅増となりました。宿泊客数は約36万人で、前年の18万人から倍増です。京都、大阪のホテルを取れなかった客が流れ込むという事情もありますが、琵琶湖や比叡山延暦寺、冬場のスキー場などが東南アジア客の人気スポットとなっているようです」

 リピーター客が多い台湾観光客は、京都と並ぶ古都・奈良や金沢の兼六園、さらに長野県の地獄谷野猿公苑といった地方にまで足を延ばしている。韓国からの観光客は、地理的に近い九州を訪れる人が多く、大分県の日本百名山・久住山は韓国人グループの登山ツアー客の姿が目立つ。訪日回数が増えるにつれ、訪問先はより広範になっていく傾向にある。

●沖縄ではレンタカーの事故率が国内客の3倍に

 沖縄はインバウンドの訪問先として根強い人気を誇っている。16年11月の外国人客はクルーズ船の寄港回数が減ったこともあり、11万200人と3年4カ月ぶりに前年同月を下回ったが、16年度上半期(4〜9月)で見ると、合計で123万7000人余りだ。前年同期に比べ35万人、40%の大幅増となった。台北-那覇、ソウル-那覇、南京-那覇、香港-石垣線が新規に就航するなど、航空路線が拡充を続けている。クルーズ船の寄港も大幅に増えた。中国や韓国からの観光客の延びが顕著になっているという。

 ただし、良いことばかりではない。たとえば、外国人ドライバーの運転するレンタカーの事故が急増している。年間約100万人の外国人観光客が訪れた14年度で見ると、外国人のレンタカー利用件数は約8万5000件と前年度の3万7000件から激増し、それに伴って事故も増えた。14年度は物損事故を中心に、約2900件もの事故が発生。事故率は3.4%で国内利用者の3倍以上。路肩に駐車中の車にミラーを接触させるなどの単独事故が多いという。

 レンタカーの外国人利用客は台湾、韓国、香港で全体の9割を占めている。このうち台湾と韓国は日本と反対の右側通行。運転上の不慣れや日本語標識が読めないなどの報告もあるという。沖縄県のレンタカー協会は「外国の方が運転しています」という表記のステッカーを貼ったり、中国語や英語版の交通ルールの冊子を配布したりと対策に取り組む。

 なかには、所有する車両約2500台すべてを、車線はみ出しアラーム、ドライブレコーダーなど、事故防止機能がついた車両に更新する取り組みを行っているレンタカー会社もある。事故対策が急務となっているのだ。

●北海道では観光中に死亡事故の加害者に

 沖縄と並ぶ人気観光地の北海道でも、外国人客のレンタカー利用が増えている。いささか古いデータだが、13年度上半期の外国人利用件数は1万550件で前年同期比79%増となった。直線区間が長い、野生動物の飛び出しが多い、降雪や凍結など、北海道特有の道路事情もあって、事故はなくすことは困難だ。16年9月には、道内を観光中の38歳の外国人が運転するワゴン車(レンタカー)が、帯広市内の交差点で信号を無視して進入。右から来たトラックと出会い頭に衝突し、トラックの運転手が死亡する事故が発生した。この外国人は逮捕され、警察の取り調べに「赤信号になったので減速したが止まらなかった」と供述したと報じられた。

 外国人利用客の事故を防ごうと札幌レンタカー協会は、実際の事故の様子をドライブレコーダーで記録した映像を含む10分間の安全運転啓発ビデオを制作し、ホームページで公開した。現在、日本語、英語、中国語、韓国語、タイ語の5カ国版が用意されている。さらに「北海道ドライブまるかじりハンドブック」(5カ国語対応)も用意するなど、事故防止対策を強化している。

 政府は20年までのインバウンドの目標を2000万人から4000万人に引き上げた。17年度予算案では、観光庁の予算を過去最大の256億円としたほか、他省庁も観光関連予算を拡充した。予算措置をして外国人を呼び込むだけでなく、トラブルを未然に回避するハード、ソフト両面の受け入れ態勢の整備・拡充が不可欠だ。
(文=編集部)