沖縄での自販機設置台数は、業界No.1のコカ・コーラの3分の1にまで迫り、関東でも繁華街を中心に1000台に到達したミリオン。激安の秘訣はどこにあるのだろうか?

写真拡大

激安自動販売機ビジネスで、注目を集めている株式会社ミリオン。沖縄に本社を構えるこの会社は、最近では関東でも市場を拡大しつつあり、なんと大手メーカーの飲料でも50円から販売しているという。激安で売ることを可能にする秘密を、平川隆行専務に聞いた。(取材・文/清談社)

激安だが品質に妥協しない
低価格を可能にする仕掛けとは

「激安価格で販売できる理由はいくつかあります。一つは、オリジナルの自社製品を作ること。ミリオンは、原料を直接仕入れるから安くできるんです。シークァーサージュースなら、シークァーサーから仕入れます。通常ですと、間に商社を数社挟むのですが、うちではそこにかかるコストをすべてカットしているので、安くできるんです」(ミリオンの平川隆行専務、以下同)

 とはいえ、激安だからといって原料費を惜しんで、商品の質を下げるような妥協は一切しない。消費者がまた飲みたいと思う品質の商品を作るからこそ、人気なのだ。そして、新しさを追求するのもミリオンの強み。現在も、話題のスーパーフードを使用したジュースを開発中だ。

「もう一つの理由は、大手メーカーから格安価格で商品を卸してもらっていること。これも本来なら商社をいくつか挟みますが、ミリオンは直接やり取りします」

 ここでも平川専務の手腕が発揮される。メーカーが提示した数すべてを買い取るのだ。

「丸ごと買い取ることで、値段交渉の余地が生まれます。先方も、丸ごと買い取ってくれるなら…という気持ちになりますよね。メーカーが大量の在庫に困るような商品でも、工夫すれば売れます。以前、あるメーカーの夏限定の商品が、冷夏だったために本土では売りにくくなったことがあったんです。ミリオンは在庫をメーカー様からすべて買い取りました。関東では売れませんが、沖縄は暑いですから売れるんですよ」

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)