「高い城の男」シーズン2プレミアイベントより
 - harley Gallay / Getty Images for Amazon Studios

写真拡大

 2015年にゴールデン・グローブ賞作品賞を受賞したテレビドラマ「アフェア 情事の行方」と、Amazonドラマ「高い城の男」の新シーズンが決定したと TV Line などが報じた。

 テレビ批評家協会(TCA)のプレスツアーで更新が発表された「アフェア 情事の行方」は、二組の夫婦を破局に追い込んだ不倫の感情的、心理的影響と彼らを再び結びつける犯罪をそれぞれの視点から描いた作品で、アメリカでは1月29日に第3シーズンのフィナーレを迎える。

 第3シーズンが決定した「高い城の男」はフィリップ・K・ディックによる小説「高い城の男」を原作としたドラマ。第2次世界大戦がもしも枢軸国の勝利で終わり、アメリカがナチスドイツと大日本帝国に分割統治されていたらという世界が舞台の歴史改変SF作品で、第1シーズンは米Amazonの配信記録を塗り替えたヒット作となっている。

 同ドラマは企画・製作総指揮・ショーランナーを務めていたフランク・スポトニッツが第2シーズンの途中で降板。Amazonとの意見の相違が理由と報じられている。第2シーズンはショーランナーなしで乗り切ったが、第3シーズンからは「BOSCH/ボッシュ」の企画・製作総指揮を務めたエリック・オーヴァーマイヤーが「高い城の男」の製作総指揮とショーランナーを務めるそうだ。(澤田理沙)