Doctors Me(ドクターズミー)- 1日でも早く治したい「思春期ニキビ」を改善するコツとは?

写真拡大

「青春のシンボル」などと呼ばれることもある思春期ニキビ。思春期は自分の外見も気になる年頃で「ニキビを早く卒業したい」という悩む方も多いですね。

今回は、思春期ニキビを改善する方法などを、医師に詳しく聞いてきました。

思春期ニキビの特徴は?

大人の方は、中学生、高校生の頃、肌がいつも脂っぽくべたべたし、思春期ニキビに悩まされたという記憶のある方も多いと思います。
思春期ニキビの特徴として、皮脂腺が多く、皮脂の過剰分泌の影響を受けやすい場所、頬、おでこ、鼻など顔の広範囲にできることが知られています。

この、思春期ニキビと対照的に、いわゆる「大人ニキビ」は、フェイスラインに沿ってできることが多いといわれています。

思春期ニキビはなぜできてしまうの?

思春期ニキビができる主な原因は、次のようなものがあげられます。
・男性ホルモンによって皮脂が分泌されすぎてしまうこと
・脂っこいもの、甘いものの過剰摂取など食生活の乱れ
・夜更かしや不規則な生活などによる影響

思春期ニキビを改善するには?

思春期ニキビは、活発に分泌される男性ホルモンの影響で、過剰に分泌された皮脂が毛穴が詰まり、アクネ菌が繁殖することによってニキビが作られるものです。
このこと自体は、人間の身体の生理的な現象であって変えられるものではありません。
成長期が終わり、ホルモンのバランスが変化してくる20代に入れば、思春期ニキビはほとんどの場合、自然と大きな改善がみられます。

1.基本のケア
思春期ニキビの時期は、汚れをきちんと落とし、皮膚の表面を傷つけないようにこまめに洗顔を行い、皮脂と水分のバランスをできるだけ保つよう保湿をしっかり行うことが、基本のケアです。
必要に応じて思春期ニキビ用の薬を使用してもいいでしょう。

2.食事面の注意
・ビタミン類(特にビタミンA、B、C、E)
・便秘を防ぐ食物繊維
・肌のターンオーバーにかかわるといわれる亜鉛

を不足しないように食事に取り入れることが効果的です。
栄養価を計算しながら食事を摂るのは難しいと思いますので、大まかに、野菜や魚を取り入れた脂っこくないメニュー、できれば和食を中心とした食事にできるといいですね。

医師からのアドバイス

思春期ニキビは多くの方を悩ませますが、基本的に時期を過ぎれば治っていくことが多いものです。
思い悩みすぎるのもストレスになるので、ゆったり構えてケアしたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)