おまえが言うなっ!! 男性が「同性に言われるとムカつく」こと・6つ

写真拡大

腹の立つ一言。しかし言葉の内容は同じだとしても、それを自分に言ってくる相手によってムカつき度が変わりますよね。男性が女性に言われるならいいけど、同性に言われるとムカつくことをまとめました。

1.女性との接し方に関するダメ出し

・「『お前って、女方面はカラッキシだな〜』という一言。何かイヤだから」(32歳/情報・IT/技術職)

・「女性に関する接し方や関わり方をダメ出しされたとき」(30歳/医療・福祉/専門職)

男性同士で女性の話をするとき、女性との接し方について意見されるとムカッとする男性です。男友だちにしても同僚にしても、特に求めていないアドバイスだったのかもしれませんね。

2.仕事のこと

・「仕事のことや給料のことを言われるとムカつく」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「仕事のこと。えらっそうに言われたくない」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

仕事にプライドを持っている男性は少なくないです。仕事や給料について、土俵のちがう女性の言うことは聞き流せても、同性にあれこれ言われると真に受けてしまって腹が立つのでしょうね。

3.外見のこと

・「『太った?』ってのはいつも僕を見てくれてるんだろうと感じるから(女性からであれば)うれしい。同性からはウザい」(29歳/印刷・紙パルプ/販売職・サービス系)

・「自分の顔のことをめちゃくちゃに言われたときです」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

同性だからと、相手の外見のことを無遠慮にからかったりしていないでしょうか。尊敬している人の見た目をひどく言ったりはしませんよね。たとえイケメンからでも、ばかにされるのはつらいものです。

4.彼女のこと

・「自分の彼女の容姿がよくないと言われたときです」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「交際相手をばかにされたり恋愛歴を否定されたりしたとき」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

大切な彼女。しかし世間の目にさらされれば一人の女性ですから、何か欠点を指摘してくる人もいるのでしょう。自分の彼女をけなされて喜ぶ人はいませんよね。ムカッとすると思われます。

5.ファッションに関すること

・「服がダサいなどの外見に関すること」(30歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「容姿や服装、スタイル。女性だと、あ〜こういうのは受け入れられないんだ。と納得できるが、同性だと、対して変わらんだろ、と思う」(32歳/食品・飲料/営業職)

美意識は人それぞれ。そのような服を着ていてはモテないと女性に指摘されると男性にとってはありがたいアドバイスになるかもしれませんが、同性は別。服の好みの問題な気がしますね。

6.モテについて

・「モテる、モテないの話。同性だとライバルっぽい感じになってしまう」(29歳/不動産/営業職)

・「『彼女がいないときにいそうなのに』と言われるとイラッとくる」(28歳/医薬品・化粧品/営業職)

自分がモテるかどうかを気にする人もいますよね。誰を愛し愛されるかは個人の問題のはずですが、同性とモテ度を比較すると競争になってしまいます。そのことで優越感を持たれると不快ですね。

■まとめ

怒りは抑えがたい気持ちですよね。くやしさをバネにしてがんばるにしても限度がありますから、同性に対して怒ったり怒らせたりするのはあまりよくないでしょう。同性だからこそ、普段かける言葉には気をつけるべきなのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数201件(25歳〜35歳の未婚の社会人男性)