6歳の女の子に強くなるためのアドバイスをした泉谷しげる

写真拡大

 北大路欣也、泉谷しげる、志賀廣太郎らが人知れずご町内の悪を成敗するテレビ東京の人気ドラマシリーズ第3弾「三匹のおっさん3 〜正義の味方、みたび!!〜」試写会&記者会見が15日に、千代田区平河町の都市センターホテルで行われ、泉谷が子どもたちに「強さというのは優しさ」と説く一幕があった。

 今回の会場となった都市センターホテルは、第1弾のクランクイン時にファーストカットを撮影したゆかりの場所。そんな記念すべき場所で行われた会見には、大勢の子どもたちを含む大勢の観客が来場。笑って泣けてホッコリとできるような痛快なドラマをひとあし先に楽しんだ。

 原作者・有川浩の協力のもと、全話オリジナルストーリーとなる本シリーズ。北大路が「皆さまの声援のおかげで3たびそろうことができました。寒くて厳しい現場ですが、みんなで一丸となってやっています」と語る通り、現在、鋭意撮影中との本ドラマ。泉谷も「本当にひどい現場で。昨日なんてマイナス2度の中で跳んだり跳ねたりさせられて。NGなんかどうでもいいのに細かくしっかりと撮りやがる。もうちょっと早く撮れ、バカヤロー」と憎まれ口をたたきつつも、「だけどみんなが喜んでくれるのはありがたいよ。今日、皆さんに観ていただいたように、単純に笑って泣けるというのは、それだけ丁寧に撮っているということ。そういう風に考えると苦労も報われますよ」と誇らしげな顔。北大路も「ワンカットにすごい時間がかかるんですよ。観ればパッと終わるようなところも、そのパッと終わるせつなさがたまらない、やめられない」と笑顔で付け加えた。

 第1話本編では、志賀と北大路がピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」を歌う場面があったが、この日は志賀が「PPAP」を披露したり、誕生日の女の子にバースデーソングを歌ってあげたりするなど、サービス満点な3人に会場は大盛り上がり。

 6歳の女の子から「どうやったら3人のように強くなれますか?」と質問された泉谷は「俺らしくないことを言わせてもらえれば、本当に強いのは優しいことですよ。優しくない人は俺みたいにキャンキャンほえる。だから優しい人になってくださいね」とアドバイス。志賀も「絶対に弱い人をいじめちゃダメ。大きくなって、いろんな事に出会うかもしれないけど、弱い人がいたら助けてあげてね」と付け加えた。

 さらに「今はちょっとしたことでも怒ったりするよね。例えば俺らの世代だろうけど、幼稚園の声がうるさいとか、子どもが騒ぐとかいうけど、子どもってのは泣くモンだからさ」と付け加えた泉谷は、「確かに俺が寝てる時にすごい声で起こされることがあるけど、うるさい声はしあわせだよ。子どもの声がなくなるなんて最悪だよ。そういうチマチマしたことに寛容性がなくなるのが残念というか。やっぱり優しさが一番強いわけで。それは大変なことだけど、なんとかそれを使い切ってみたいですね」と語ってみせた。(取材・文:壬生智裕)

「三匹のおっさん3 〜正義の味方、みたび!!〜」は1月20日午後8時よりテレビ東京系にて放送