キスが「マンネリ化したとき」やるべきこと・6つ

写真拡大

カップルにとってキスは大切な愛情表現の一つでもありますが、月日の経過に伴って、マンネリ化してきてキス自体がおっくうに感じてくることもありますよね。そんなときの打開策を、働く女性に教えてもらいました。

(1)刺激的なキスをする

・「キャンディーやチョコレートなどを口移しで食べさせ合うなど」(30歳/その他/その他)

・「不意打ち。もう普通にキスしてもドキドキしないけど、彼がたまに不意にキスしてくれるとドキドキする」(22歳/学校・教育関連/専門職)

ただ唇が触れ合うだけのキスではなく、刺激のあるキスをすることでマンネリ化を防ぐという意見も。毎回バリエーションを考えるのも楽しそうですね。

(2)あえてキスの頻度を減らす

・「キスしない期間を持ってみる。私たちは頻度が少ないので、マンネリ無しです!」(29歳/学校・教育関連/その他)

・「しばらく彼と距離を置いてラブストーリーをみるとキスしたくなる」(23歳/その他/販売職・サービス系)

もしもキスが義務的に感じてきているのなら、距離を置いてみるのも一つの手です。久しぶりのキスに、彼も盛り上がるかもしれません。

(3)シチュエーションを変える

・「イルミネーションや花火など、景色のキレイな場所でデートする。マンネリ打破には非日常の演出が重要」(30歳/その他/その他)

・「キスがしたくなるようなロマンチックなレストランでディナーする」(28歳/ソフトウェア/販売職・サービス系)

定番のデートコースもいいけれど、少し飽きがきているようならシチュエーションを変えてみるといいかも。季節ごとに変化のあるデートコースを考えれば、気分も盛り上がりそうですね。

(4)一緒に旅行に出かける

・「いつも行かない場所に旅行に行く。自分ばかりではなく、相手の気持ちを考えて喜んでもらえるように努力する」(35歳/その他/その他)

・「行ったことのない場所へ二人で旅行して、非日常感を楽しむ」(36歳/印刷・紙パルプ/秘書・アシスタント職)

見知らぬ土地に二人で行くと、いつもの日常とはまったく違う気分になりますよね。慣れない場所だからこそ、刺激的なキスを楽しめるかもしれません。

(5)初心を思い出してみる

・「この人のどこが好きかを思い出して、恋心を新しくする。気持ちが変わると、何しても楽しい。相手が飽きたときは終わり」(31歳/運輸・倉庫/その他)

・「出会ったときの話などをして、懐かしさを思い出させる」(25歳/その他/その他)

付き合い始めのころは、キスすることさえドキドキしていたはず。そのころの気持ちをもう一度取り戻すことができれば、気持ちも新たに新鮮なキスができそうですね。

(6)キスをする日を決める

・「何曜日はキスをすると決める。マンネリ化するとだんだんとキスをしなくなるが、スキンシップはしておいたほうがいいから」(22歳/自動車関連/営業職)

・「キスの日を作ったりいつもとは違うデートコースに行く」(22歳/その他/販売職・サービス系)

もはや自分たちの意識づけだけではどうにもマンネリから脱却できないという場合は、キスの日を決めてしまうという手もあります。一つのイベントのような気分で楽しめるかもしれません。

■まとめ

キスは回数が多ければいいというものではありません。お互いがキスに対して興味が薄れてきているようなら、回数よりも質を重視したキスに切り替えることも必要かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数201件(22歳〜39歳の働く女性)