追加キャストの田口トモロヲ(上)
と木村多江 (C)2017 Hit-Point/
「映画ねこあつめ」製作委員会

写真拡大

 1900万ダウンロードを突破した人気ゲームアプリ「ねこあつめ」を実写映画化した「ねこあつめの家」の特報が完成し、“猫だらけ”の本編映像が初披露された。さらに、田口トモロヲ、木村多江、大久保佳代子の出演が明らかになった。木村が伊藤淳史扮する主人公・佐久本勝にアドバイスをするペットショップの店員、田口が佐久本の担当編集者ミチル(忽那汐里)の先輩・浅草、大久保がおかしな不動産屋を演じている。

 「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」の蔵方政俊監督が、2014年10月に発売されたゲームアプリ「ねこあつめ」を実写映画化。庭先に訪れる猫たちをながめて楽しむというゲーム内容を基に、スランプ中の小説家・佐久本が、田舎の古民家に移り住んだことをきっかけに、“ねこあつめ”を開始する姿を描く。

 特報映像は、黒猫が鳴き声をあげる場面からスタート。古民家に引っ越してきた佐久本は、屋根の上でくつろぐ一匹の猫を発見する。これを機に、彼の家は瞬く間に猫だらけになり、中盤には佐久本に体をすり寄せるトラ猫、たくさんの猫が横一列に並んで食事するシーンなど、猫たちのほのぼのとした日常が映し出される。また、新キャスト3人の姿の出演シーンも収録されている。

 「ねこあつめの家」は、4月8日から東京・新宿武蔵野館ほか全国で公開。