綾瀬はるか

写真拡大

映画『本能寺ホテル』の初日舞台挨拶が1月14日、TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われ、綾瀬はるか、堤真一、濱田岳、平山浩行、田口浩正、高嶋政宏、近藤正臣、風間杜夫、そして鈴木雅之監督が登壇した。

この記事(『本能寺ホテル』初日舞台挨拶)のその他の写真

本作は、映画『プリンセス トヨトミ』の鈴木雅之監督が、綾瀬はるか&堤真一と再びタッグを組んで描いたオリジナルストーリー。「本能寺の変」をモチーフに現代と戦国時代を行き来しながら、大切なものを見つけていく女性を描いたエンターテインメント作品だ。

登壇者すべてが和装で登場したこの日の舞台挨拶。紅一点の綾瀬は「うれしいものです」と語りつつ「恥ずかしいものがありますね」と照れ笑い。朱色を基調にしたきれいな着物姿を披露したが、真夏の京都で藪の中で行われた撮影は虫との戦いだったといい「一瞬のうちにアブやブヨに8か所ぐらい刺されて、足がボコボコになるぐらい痒くて眠れなかったんです」と振り返った。女優という職業だが、我慢できずに血が出るぐらい掻いてしまったという。

そんな綾瀬のマイペースぶりに、共演した近藤も「この子本当におかしい子ですよ」と語りだすと、信じられないような硬さになったみたらし団子をプレゼントされたことを暴露する。「とても食べられたようなものじゃないのに、くれるんですよ。いただいたものですから、マネージャーと1本ずつもらったのですが、カチカチで食べられたものじゃなかった。よくもあんなものをプレゼントするなと思いましたよ」と近藤は呆れ顔を見せたが「そういうところがステキだなって思うんですよ。好きです」と結局は綾瀬に魅了された様子だった。

また、共演の濱田は、撮影中2度の遅刻をしたことを堤や高嶋から暴露される。1度目は、新幹線で岡山で降りるはずが田口との酒盛りが盛り上がってしまい、降り遅れてしまうというハプニング。濱田は「広島までは席がなかったので、車両の連結部分にずっと立っていました」と顛末を語っていたが、もう1つも飲みすぎであることを指摘されると「本能寺だけに大炎上ですね」と話をそらしてその場を切り抜けていた。