やだっ! オシャレが恥ずかしくなる瞬間・6選

写真拡大

バーベキューやキャンプなど、アウトドアのイベントで「ミニスカートにヒール」という格好だと、場違いな感じがしますよね。せっかく気合を入れてオシャレをしても、その場に合っていないと自分だけ浮いてしまって恥ずかしくなることも。ではどんなときに恥ずかしさを感じるのか、社会人女性のみなさんに聞いてみましょう。

■まわりがTシャツだったとき

・「オシャレして行ったら、まわりがみんなTシャツだったとき。ひとり浮いていたから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「まわりの人がカジュアルな格好をしているとき。まわりから浮いている気がするから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

自分がオシャレをして行ったのに、まわりがTシャツなどのカジュアルな服装だと、恥ずかしさを感じる女性は多いよう。自分だけまわりから浮いている感じがして、いたたまれなくなりますよね。

■合コンに行ったとき

・「昔、合コンが初めてだったから、がんばって慣れない服装で行ったら浮いてしまったこと」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ハズレな合コンに連れていかれたとき。オシャレして気合入れてきた自分が情けなくなる」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

合コンで気合を入れすぎて、まわりの服装のテンションと合わなくて恥ずかしい思いをした、という人もいるようです。その合コンがハズレだと、オシャレを無駄遣いした気持ちになりますよね。

■結婚式に参列したとき

・「結婚式の2次会の衣装が張り切りすぎた」(23歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「結婚式に参加して解散したのち、ひとりで電車に乗っているとき」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

結婚式のときは、友人としては華やかな服装を選びたいもの。でも2次会だとカジュアルな場合もあるので、浮いてしまうこともありそうです。結婚式の帰りにひとりで電車に乗っていると、まわりからの視線が痛いですよね。

■忘年会や歓迎会に参加したとき

・「忘年会でオシャレしたら、みんな普段着だった」(24歳/不動産/事務系専門職)

・「会社の歓迎会で自分だけ気合を入れてオシャレしてったのに、大衆居酒屋が会場でみんな普段着で来てて恥ずかしかったことがあるから」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

忘年会や歓迎会でオシャレをして行ったとき、まわりがみんな普段着で恥ずかしかった、という人もいました。特に場所が大衆居酒屋だと、オシャレな服装は悪い意味で目立ってしまいそうですよね。

■遊びに行く予定があるとき

・「仕事のあと、遊びに行く用があるときの仕事場」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「会社でみんなが地味な服装をしているとき。自分が浮く」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

仕事の後に遊びに行く予定があるときは、どうしてもまわりの服装と合わなくて浮いてしまいますよね。制服がない職場だと余計に目立つので、まわりの人から「今日はデートなのかな」と思われてしまうかも?

■服装についてツッコまれたとき

・「誰かから指摘されたとき。いたたまれなくなるので」(33歳/学校・教育関連/技術職)

・「かわいいだろうと思って購入した服に、気合入れすぎだと言われたとき」(25歳/その他/事務系専門職)

自信を持ってかわいい服を着ていったのに「ちょっと気合入れすぎじゃない?」なんて言われたら、恥ずかしくてたまらないですよね。「穴があったら入りたい」というのは、こういう状況のときに使うのかもしれません。

■まとめ

オシャレしているのが恥ずかしくなる瞬間として、共通していたのは「まわりの人と服装のテンションが合わないとき」という点でした。ほかの人がカジュアルな服装なのに自分だけ気合が入った服装をしていたら、悪目立ちするので恥ずかしいですよね。オシャレをするのはとてもいいことですが、行く場所や会うメンバーを考えて服装を選んだほうがよさそうです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月5日〜2016年12月25日
調査人数:104人(22〜34歳の働く女性)