男性が結婚に抱く「絶望感」6つ

写真拡大

好きな人が結婚に後ろ向きな考えを持っているのを聞くと、どうしてなのかが気になりますよね。そこで社会人男性に「結婚したらこれが面倒だな」と引っかかってしまうことについて、その本音のところを教えてもらいました。

■相手方の家族・親戚付き合いが大変そう

・「相手方の両親、親戚との付き合い。初対面から親しくなっていくのが大変そう。クセのある性格の人がいると苦労しそう」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

・「相手の親・親族・友人との関係←思い入れのない他人なので」(33歳/その他/その他)

義理の家族との付き合いが大変なのは、女性だけでなく男性も同じなのだとか。お互い知らない者同士が仲良くなっていくまでには、紆余(うよ)曲折ありますよね。

■お金の問題を話し合うのが面倒くさい

・「やっぱりお金の管理とかだと思う。絶対トラブルは起きる」(33歳/その他/事務系専門職)

・「財産が共有されるので、自由に使えるお金がないこと。家事を分担しなくてはならないこと」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

夫婦二人でお金を管理するようになると、必ず出てくるのが「お互いの金銭感覚」の問題。この感覚の違いを夫婦で理解し合い、足並みそろえるのはなかなか大変です。

■時間が自分一人のものではなくなること

・「何をするにも連絡と相談がいること。自分一人ではなくなること」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「束縛されること。相手のことを考え過ぎて気疲れしそう」(26歳/その他/その他)

独身なら時間もお金も自分の気持ち次第で自由に使えますが、結婚するとなるとそうはいかなくなるもの。時にはそれが束縛のように感じてしまうことも?

■生活習慣の違いを埋めるのが大変そう

・「生活習慣。相手に合わせることになると思うがうまく合わせられるか不安」(28歳/情報・IT/技術職)

・「家に元他人がいること。習慣の違いは埋まらないから」(34歳/その他/クリエイティブ職)

自分には当たり前の習慣が、相手にとっては意味不明な行動に見えることも多いですよね。毎日のことだけに、ここをダメ出しされるのはキツイ!?

■自分の時間が少なくなり、ゆっくり休めないこと

・「自分の時間が短くなり芯から休んだ気になれないところ」(29歳/その他/販売職・サービス系)

・「一人の時間は完全に減るのだなと思うと悲しいですね」(28歳/情報・IT/営業職)

平日は仕事と家事に明け暮れ、休日は家族サービスに明け暮れ、となると一体いつ休めばいいのか……。既婚者はこの問題、どうやって解決しているのでしょうか。

■家庭内でのルールを考えるのが大変

・「共同生活をするにあたって、一定のルールを作成すること」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「お互いがどこまで家事・育児面で負担するか話し合うこと」(32歳/その他/販売職・サービス系)

夫婦二人のルールを考えるのも大変なら、子どもが大きくなってからの家族内のルールを決めるのもまた大変。一家のリーダーとしての責任は重い?

好きな人がもし結婚に後ろ向きなら、上記のようなことが面倒に感じてしまっているのかも? ただ結婚は確かに大変だけれど、その分だけ幸せや楽しみもたくさん。こんな面倒くささと引き換えに、そんな喜びを味わうのが「結婚」なのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年9月にWebアンケート。有効回答数202件。25歳〜34歳の社会人男性)