14日、香港の俳優トニー・レオンが、高額ギャラを提示した中国のテレビ番組からの出演オファーを蹴ったという報道について否定した。写真はトニー・レオン。

写真拡大

2017年1月14日、香港の俳優トニー・レオン(梁朝偉)が、高額ギャラを提示した中国のテレビ番組からの出演オファーを蹴ったという報道について否定した。捜狐が伝えた。

【その他の写真】

上映中の「擺渡人」でひさびさにコミカルなタッチの作品に復帰し、改めてコメディの才能を見せたトニー・レオン。これをきっかけに、中国のリアリティー番組から出演オファーが複数舞い込み、中には2億元(約33億円)の超高額ギャラを提示する話もあったとのこと。しかし、新作映画の撮影を控えているため、「おいしい話を全て断った」と報道されたばかりだ。

トニー・レオンの所属事務所・澤東公司は14日、この話題についてコメント。リアリティー番組からの出演オファーがあったのは事実だが、ギャラの金額交渉までには至らなかったため、報道される金額について「どこから出た話か不明だ」としている。

「2億元を蹴った」というトニー・レオンに対してはネットユーザーから、「さすがは国際派スター」「トニー・レオンほどのスターが、バラエティーで稼ぐ必要なし」などといった絶賛の声が上がっていた。(翻訳・編集/Mathilda)