気になる男性との“恋”を期待して、セクシー路線に走っていませんか? 実はそれ、男性を惹きつけるどころか、カレを苦笑いの“引きつり顔”にしているかもしれませんよ。

そこで今回は、20〜30代独身男性へのアンケートを参考に、男性を最高にゲンナリさせちゃう「チラリズム」をピックアップしてみました!

 

■目のやり場に困る「胸チラ」ファッション

「胸がザックリ開いたファッションって、男慣れした感じがしてちっともドキドキしない。露出すればいいってものじゃないんだよね」(26歳/IT)

男性にとって狙いすぎたチラリズムは、“下品”な女の象徴。真剣なお付き合いを期待するカレの前では、谷間が丸見えのトップスや背中がガバッと開いたデザインの洋服は、絶対に身に付けてはいけませんよ。

 

■ガードが甘すぎる「パンチラ」

「見えそうでみえないパンチラはドキッとするけど、椅子に座っているだけで見えてしまうようなパンチラはまったく嬉しくない」(29歳/建築)

ローライズのパンツを履いていると、ちょっとかがんだり、高いところの物を取ろうとしたときにパンチラしてしまいがち。実はコレ、大半の男性が「見たくない」「ガードが甘すぎる」「本命彼女にはちょっとね」とこっそり敬遠する幻滅ポイントなので気を付けてくださいね。

 

■「ブラチラ」ではなく「トップ見え」

「真っ白なシャツから透けるブラジャーって、最高にドキドキする。好きな女の子の体操服姿を見ているような甘酸っぱい感じ。でも、トップまで見えちゃうとゲンナリするのは何でだろう?」(28歳/メーカー)

男性が求めているのは、あくまでもチラリズム。見せるつもりはなかったのに、うっかり透けてしまったブラのデザインや、チラッと見えたブラ紐にドキッとするといいます。ただし、前かがみになったときにトップまで見えてしまうようなファッションは、厳禁ですよ。

 

■年齢を考えない「太ももチラ」ミニスカート

「ミニスカートを履いていいのは、20代前半まででしょ!アラサーの女が太ももを出すのは、見苦しいだけ。もっと年齢相応のファッションを心がけてほしい」(25歳/IT)

意外と厳しい意見が多かったのが、アラサー女子のミニスカートに対する「公害レベル!」「痛すぎる」という声。年齢にふさわしくない“痛チラ”ファッションは、男性にとってストレスでしかないといいます。心当たりのある女性は、今すぐ改善を……!

 

男性がうれしいチラリズムとは、予期せぬ露出と、滅多に見られない“レア感”。「どうしよう……見られちゃった!」という“恥じらい”も重要なポイントだといいます。間違っても自分からオンナを売るような下品なアプローチをしないように注意してくださいね。

【取材協力】

※ 20〜30代独身男性

【画像】

※ Photographee.eu/shutterstock

【関連記事】

※ 不倫目当てで近づく…ゲスな既婚男性の特徴3つ

※ 2人だけの秘密♡仲良しカップルがこっそり実践する「エッチなアイディア」3つ

※ ガッカリ…男がエッチ中に「愛されていない」と感じる瞬間3選

※ そりゃないだろ…男性が彼女に内緒にされると嫌なコト3つ

※ 私から攻める。男性をリードするエッチの進め方