同性の友人を増やすべし!? 出会いの“質”を高めるための4ステップ

写真拡大

年始は学生時代の友人と新年会ばかりしていた、プライベート大学恋愛学部のユウキです。
いずれの新年会も男友達と集まる機会が多く、学生時代に思っていたこと、仕事の話、恋愛での悩みをストレートに聞かせてもらいました。

今回のコラムは、異性との出会いにおける“量”ではなく“質”についてです。

“良い出会いがない”、“合コンに行っても、何も生まれない”など、出会う機会はあるが、なかなか実を結ばない経験はありませんか?

そして、その解決方法を先に申し上げると、「同性の友人の幅を広げる」 という答えになります。
一見、遠回りのように聞こえますが、同性の友人の幅を広げることこそ、出会いの質を高める一番の方法です。

●(1)なぜ同性の友人か

異性の友人に紹介や合コンを企画してもらっていても、異性の友人の目があったり、合コンの幹事役になったりしてしまうことで、何かと気を遣ってしまう場面が多いです。

しかし、同性の友人を介したメンバーであれば、新しいコミュニティと出会えて、フラットな気持ち で臨めます。
また、異性には相談しづらい自分の好みに対してもリクエストでき、本当の意味での理想を叶えられる可能性があるからです。

●(2)友人のバリエーションを増やす

出会いの場に行くときに、いつも同じメンバーで行動していませんか?

ある程度、合コンなどをこなしていくと、繋がりのマンネリ化が始まります。
そこで、一緒に行動するメンバーを変えてみることで、全く新しいコミュニティと繋がること ができますし、新しいジャンルの出会いの場(ホームパーティやイベント)への招待があるかもしれません。

『合コンに行くメンバーを変えたことにより、自分の新しいタイプ像に気づけた』(25歳男性/営業)

●(3)友人の質を上げる

友人の“質”とは、ルックスや勤めている企業ブランドなどのスペックのことです。

率直に申し上げて、スペックの高い人には、スペックの高い出会い が集中しています。

いつも同じメンバーで行動していて、異性の質に自分が納得していないのであれば、スペックの高い同性と一度行動を共にすることをおすすめします。
出会いの場や振る舞い方など、新しい発見が必ずあります。

『ルックスの良い友人に誘われて行ったホームパーティのレベルがとても高く、また連絡先も交換しやすい雰囲気だった』(27歳男性/マーケティング職)

●(4)選ばれる側から、選ぶ側へ

(1)〜(3)を通して、自分が納得する出会いが増えたならば、何人かいる候補の中から選べます。
それぞれの異性を比較して、より自分に合う恋人像を具体化できるので、間違いが発生しづらく、満足感 に繋がります。

『選択肢が増えたことで、より自分の気持ちに忠実に行動できた』(24歳男性/薬剤師)

----------

私自身も出会いのマンネリ化を感じたときに、新しい同性のコミュニティと関わることで、出会いの幅・質ともに向上しました。
それにより、恋愛に対する納得感や幸福感は上がり、週末などの休日の楽しみに繋がっています。

●ライター/ユウキ(プライベート大学恋愛学部教授)