写真提供:マイナビニュース

写真拡大

幕張メッセで開催された「東京オートサロン2017」。ダイハツブースでは4カテゴリーに分けてコンセプトカーが出展され、「ムーヴ キャンバス」「トール」「ブーン シルク」「コペン」などをベースとした計11台が展示された。

今年のダイハツブースは「もっと楽しく。もっと自分らしく。」をテーマに、ダイハツがこれまで生み出してきた個性的な車両の特徴や従来のカスタムグレードなどをベースアイデアとしつつ、さらに新しい形へと昇華したコンセプトカーを出展。「SPORZA」「Grand Custom」「Beach Cruisin'」「CROSS FIELD」の4カテゴリーに分けられた。

「SPORZA」カテゴリーでは、「ムーヴ キャンバス」「トール」「ブーン シルク」「コペン」の4台がレッド×ブラックの専用ボディカラーに。ダイハツ往年のホットハッチ「シャレード デトマソ」や「TR-XX」の要素を現代仕様として復活させ、専用ボディカラーとゴールドのアルミホイールで上質なスポーツテイストを演出したという。

「Grand Custom」カテゴリーでは、「トール カスタム」「タント カスタム」「ムーヴ カスタム」の3台がブラックを基調に、専用メッキパーツや大型LEDフォグランプで存在感をアピール。迫力と優美さを身にまとったカスタムスタイルを提案していた。

「Beach Cruisin'」カテゴリーでは、「ムーヴ キャンバス」「ブーン」に専用ボディカラー(ライトブルースペシャルエフェクト)とオリジナルのラッピングを施し、ゆるく、のんびり、スローにライフスタイルを楽しむためのクルマを表現。「CROSS FIELD」カテゴリーでは、「キャスト アクティバ」「ウェイク」がマットに仕上げた専用ボディカラーをまとい、"大人の趣味人"が遊びのフィールドを広げるための1台を表現していた。

(上新大介)