ゲスト声優&ED曲を担当する木村佳乃 (C)2017 映画プリキュアドリーム
スターズ!製作委員会

写真拡大

 「プリキュア」シリーズの劇場版最新作「映画プリキュアドリームスターズ」に、女優の木村佳乃、お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太、「キングオブコント2016」で優勝した「ライス」の田所仁と関町知弘がゲスト声優として参加することがわかった。木村は、エンディング曲「君を呼ぶ場所」も担当。さらに、今作のテーマである「和」のモチーフを随所に取り入れた予告編とポスタービジュアルも完成した。

 劇場版22作目となる今作は、歴代プリキュアが総登場する「プリキュアオールスターズ」シリーズの設定を一新。現在放送中の「魔法つかいプリキュア!」、2015年に放送された「GO!プリンセスプリキュア!」、2月5日からスタートする新シリーズ「キラキラ☆プリキュアアラモード」に限定し、3シリーズ・総勢12人のプリキュアを中心とした物語が展開される。

 舞台は、キラキラした異世界・桜が原。「プリキュアアラモード」の主人公・宇佐美いちかは、謎の少女・サクラに出会う。サクラの友だちの狐・シズクが、世界中のきれいなものを狙う悪者・鴉天狗に連れ去れたことを知ったいちかは、他のプリキュアとともに救出に向かう。

 木村は、物語に鍵を握るキャラクター・シズクの声を担当。「5歳と3歳の娘たちが、『プリキュア』の大ファン! 毎週楽しく拝見しています。ですので、今回のお話をいただいた時は、すぐに『やりたい!』とお返事してしまいました(笑)」と喜びを述べ、「映画館に家族みんなで見に行きたいな、娘たちに自慢したいな、私だとわかるかな…? など色々考えて、今からワクワクしています」と早くも公開が待ちきれない様子だ。

 一方の山里は、悪役・鴉天狗に挑戦するため、「この僕が、『プリキュア』映画の声優……と聞き、最初は何かの冗談かと思いました。まあ、安定の敵役ということで納得しましたが(笑)」と自虐交じりにコメント。ライスの2人は、「山里さんと一緒に映画に出られるなんて…! 感無量です。是非期待してくれぇい!」と意欲満々だ。

 フルCG作品「プリキュアとレフィのワンダーナイト」を手がけた宮本浩史が、監督・キャラクターデザインを務めた「映画プリキュアドリームスターズ」は、3月18日から全国公開。予告編は公式サイト(http://www.precure-dreamstars.com/)で公開中。