少女時代 ユナ、映画「共助」を観たマネージャーに言われた言葉とは?

写真拡大

少女時代のユナがコミカルな演技を披露した感想を伝えた。

韓国で15日に放送されたMBC「セクションTV芸能通信」では、映画「共助」(監督:キム・ソンフン、制作:JKフィルム) 出演俳優たちのインタビューが公開された。

ユナは「共助」で、ニート役でコミカルな演技を披露、好評を受けている。

これについてユナは「マネージャーが映画を観て、演技じゃないと言っていた。普段の私の姿と似ている」とし、「先輩たちが演じやすい雰囲気を作ってくれたおかげだ」と明かした。