14日、年末から旧正月にかけての繁忙期に、最も稼いだのは台湾の人気女性歌手ジョリン・ツァイだという。

写真拡大

2017年1月14日、年末から旧正月にかけての繁忙期に、最も稼いだのは台湾の人気女性歌手ジョリン・ツァイ(蔡依林)だという。中国時報が伝えた。

【その他の写真】

年末年始から旧正月にかけては、中華圏の人気歌手やタレントたちが特番の収録に駆けずり回り、最も忙しい時期だ。女性歌手ジョリン・ツァイは先月中旬以降、中国と台湾の間を頻繁に行き来し、音楽アワードやカウントダウンイベント、番組収録に登場。13日には、中国の衛星テレビ7局が合同で制作する新春特番「絲路春晩」の収録を行っている。

2つの年越し番組を掛け持ちするなど、引っ張りだこの人気のジョリン・ツァイだが、中国時報によるとこの1カ月間の収入は、少なく見積もっても5600万台湾ドル(約2億円)に上る。年末から旧正月にかけて、「最も稼いだタレント」になるという。

中国の年越し番組では、ジョリン・ツァイのほかに、台湾の国民的歌手フェイ・ユイチン(費玉清)も相変わらずの人気ぶり。2人に共通する安定感と知名度、そして協調性がテレビ局に好まれる大きな理由となっている。(翻訳・編集/Mathilda)