女子が「好きじゃない男性」だからこそできること・6つ

写真拡大

女子にとって、好きな男性と好きじゃない男性は、まったくちがう生き物のように見えてしまうこともあるのでは? 好きじゃない男性になら、まったく緊張もしませんし、何でもできるという女子もいるようです。今回は、働く女子に聞いた「好きじゃない人だからこそできること」ついて、紹介します。

■すっぴんを見せても平気

・「ノーメイクなところも見せられる」(27歳/その他/専門職)

・「化粧が適当。好きじゃない人だと別にどう思われてもいいやと思ってしまうのでおしゃれしない」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

ヘアメイクやおしゃれは、好きな男性によく思われたいがための行動ですよね。その気持ちが強い女子にとって、好きな男性がいない場では、おしゃれどころかメイクにすら全然手を掛けないということもあるようです。男性からすると「素顔を見せてくれている」と好意的に解釈してしまうこともあるかもしれませんが、女子にとっては恋愛対象外だというだけなのかもしれません。

■ひどい仕打ちもできる

・「約束を適当にキャンセルすること」(29歳/生保・損保/営業職)

・「メールがきても、その気がないと無視」(33歳/機械・精密機器/事務系専門職)

男性に比べると、女子は比較的誰とでもマメに連絡を取り合うことが多いかもしれません。それでも、好きじゃない男性からのアピールを受けると、その“普通の相手に対する配慮”すらせずに、ひどい仕打ちができてしまう女子もいるようです。好きじゃないということを知らせるために、あえてそうしている女子もいるでしょう。

■ボディタッチができる

・「ふざけた話をして、肩をはたいたりすること。好きな人相手には、緊張してそんなことできない」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「ボディタッチ、意識していないからこそ」(23歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

男性の気持ちを高めるために、ボディタッチを巧みに使う女子もいます。しかし、好きな男性だからこそ、不用意なボディタッチは避けて、軽い女子だと思われないようにしている女子も多いようです。好きじゃない男性には、まったく気をつかわずに、女友だちにするようにボディタッチができるようです。

■気をつかわずに話ができる

・「好きじゃないからこそ、本音で接することができる」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「わがままや素直に本性が出せる」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

好きではないけど、嫌いでもない男性なら、女子にとっては女友だちと同じような存在かもしれません。何も気をつかわずに遊んだり話したり、悩み相談をしたりわがままを言えるという面があるようです。ある意味では、好きな男性よりも身近な存在になれるということでしょうか。

■下ネタも話せる

・「下ネタなどを気軽に言うことは簡単にできる」(33歳/その他/事務系専門職)

女子は、嫌いな男性から下ネタを話されることが嫌いですが、友だち同士で下ネタを話すこともあります。冗談を言うというよりは、普通の話題の延長線上として、下ネタの話をすることもあるでしょう。好きではない男性は、友だちなら何でも話せるので、それが下ネタにまで及ぶこともあるようです。

■格好悪い姿も見せられる

・「一緒にカラオケに行く。全力で歌う姿を見せても平気だから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「自分の汚い部分を見せる。好きな人には見せられない」(33歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

好きな男性の前では、格好悪い姿を見せたり、悪く思われたくないという意識が働くでしょう。逆に好きではない男性の前なら、どう思われても構わないという気持ちになるようです。そのため、好きな男性よりも好きではない男性のほうが、あなたのことをよく知っているという状況が起こりそうですね。

■まとめ

好きな人というのは特別な存在ですが、好きではない男性は、女友だちと同じような存在のようです。好きな男性の前ではできないことも、気軽にできるのではないでしょうか。好きな男性と好きではない男性がキッパリ分けられる女子ならではの感覚かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月18日〜12月21日
調査人数:103人(22歳〜34歳の女性)