(c)TBS

いよいよ今夜スタートする、日曜劇場『A LIFE〜愛しき人〜』。

“愛しい人の命”“たったひとつの人生”を巡り、木村拓哉さん演じる職人外科医・沖田一光(かずあき)と彼を取り巻く医師・看護師たちが病院を舞台に繰り広げるヒューマンラブストーリーです。

今回は、気になる第1話の見どころとあらすじを余すとこなくお届けしましょう。

 

■見どころ

医師として駆け出しの頃、病院を追われ、恋人を置いて単身アメリカに渡った外科医・沖田一光。

それから10年、彼は技術を磨くためにひたすらオペ経験を重ね、知識を身につけて職人外科医となりました。そして、かつての恋人の父に請われて日本に戻ってくることに。

沖田が不在の10年の間に、元恋人は病院の後継者として沖田の幼馴染でもある親友と結婚していました。その親友は10年前、沖田を病院から追い出す画策をした張本人だったが、沖田はそのことを知りません。

そんな彼を待ち受けていたのは再会した元恋人、親友、そして一癖も二癖もある医師や看護師たち……。

それでも、「たったひとつの命を救いたい」「かけがえのない人生を守りたい」、その想いが沖田を突き動かします。

そして、医師として、人間としての想いが、知らず知らずのうちに病院内でうごめくさまざまな人たちの思惑、そして親友との対立を生んでいき……。

このドラマは、愛、欲望、友情、嫉妬、プライドが渦巻く病院で“愛しき人の命”“かけがえのない人生”を巡って繰り広げられるヒューマンラブストーリーです。

 

■あらすじ

外科医・沖田一光(木村拓哉さん)がアメリカ・シアトルから東京にある壇上記念病院へ10年ぶりに戻ってきます。院長・壇上虎之介(柄本明さん)が心臓疾患で倒れ、虎之介からその手術を任されたのです。

しかし虎之介の娘で小児外科医の壇上深冬(竹内結子さん)とその夫で副院長の壇上壮大(浅野忠信さん)は、沖田を壇上記念病院に再び迎え入れることに戸惑っていました。

深冬はかつて沖田と交際しており、壮大は沖田と幼馴染だったのです。沖田がアメリカへ渡ったあと、壮大は脳神経外科医でありながら秀でた経営手腕を虎之介に見込まれ、深冬と結婚。

経営の合理化を進め、壇上記念病院での確固たる地位を築いていたが、最近では経営方針を巡って虎之介と対立していました。

虎之介を診察した沖田は、第一外科部長の羽村圭吾(及川光博さん)が反対するにも関わらず、難しい虎之介の手術をやれると言い切ります。

外科の若手医師・井川颯太(松山ケンイチさん)はいきなり現れた沖田に懐疑的、オペナースの柴田由紀(木村文乃さん)は沖田に興味を持ちます。

手術当日、祈るように手術室のモニターを見守る深冬。一方で病院の顧問弁護士・ 原実梨(菜々緒)と手術室の様子を見ていた壮大は、この10年で沖田がオペの腕を上げたことを感じていました。

沖田が手掛けた虎之介の手術は成功したかに思えたのですが……。

 

日曜劇場『A LIFE〜愛しき人〜』、注目の第1話は今夜21時より放送です。

【関連記事】

※ 松田翔太「桐谷健太、カッコいい」紅白でのエピソードを語る

※ 満島ひかり、高橋一生は「女心がわかっている!」と大絶賛

※ Hey!Say!JUMP中島裕翔、サプライズ演出に男泣き「号泣していた」

※ 綾瀬はるか、マイク忘れる天然「初笑い」も新成人にエール

※ 仲間由紀恵、ロングレッドドレスで新年の抱負