ビートたけしの記者撃退方法に驚き「放送禁止用語言い続ける」

写真拡大

14日深夜放送の「あるある議事堂」(テレビ朝日系)で、ビートたけしの驚きの記者撃退方法が明らかとなった。

番組では、ゴールデン特番では放送出来なかった未公開VTRを中心に放送した。その中で、水道橋博士が過去にたけしと島田洋七が使った記者撃退方法について語った。

過去に島田のスキャンダルで、ふたりが芸能記者に直撃されたとき、テレビカメラの前で「ふたりとも、ずーっと放送禁止用語言い続ける」という方法を取ったというのだ。この方法に、「ああ〜!」と感心の声が上がる。

水道橋博士によると、その結果「もう放送できなくなってるんですよ。ピーピーピーピーピーピー」と振り返り、たけしと島田は見事、芸能記者を撃退できたようだ。

【関連記事】
ビートたけしがキラキラネームを一蹴「男にだまされて捨てられる名前」
水道橋博士 現在も続く講談社とビートたけしの軋轢を明かす
乙武洋匡氏が増え続ける放送禁止用語に懸念「万人を傷つけないのは不可能」