ソン・カン&イ・ユジン、ビジュアルと実力を兼ね備えた期待の大型新人登場

写真拡大 (全3枚)

2017年の有望株に選ばれた俳優ソン・カンとイ・ユジンが実力とビジュアルを共に備えた新人として視線を集めている。

ソン・カンとイ・ユジンはファッションマガジン「Allure Korea」1月号が企画した「所属事務所が注目する2017年期待株」に選定され、グラビア撮影に参加。二人はムン・グニョン、イ・ジュンギ、チソンなどが所属しているNAMOO ACTORSの新人で、すでに業界関係者の間では話題集中だ。

公開されたグラビアで二人は、純情漫画から飛び出てきたような優れたビジュアルを誇りながら女心をとらえた。新人らしくない深みのある眼差しと表情からは目が離せない。

遠くから見ても目立つルックスと名前を持つソン・カンは高身長、少年と大人の間を行き来する不思議なマスクで、いつどこでも輝く準備をしているニューフェイスだ。最近、最もホットなスターだけが参加する通信会社の広告モデルとに抜擢され、現在はドラマや映画などのオーディションに夢中だ。彼はグラビア撮影後のインタビューを通じて「今後どんなオーディションでも楽しみながら受けようと思った」と気合を見せ、周りの人々を笑顔にした。

イ・ユジンはドラマ「火の女神チョンイ」でデビュー。ウェブドラマ「甘い青春」「2番目の二十歳」、映画「パパは娘」「闭嘴!爱吧」など、さまざまな作品で着実に経験を積んでいる新人だ。また、マ・ドンソク、SHINeeのミンホ主演の映画「アンダードッグ 二人の男」で家出をした少年ポンギル役を務め、凄絶した演技を披露して成功裏に映画デビューを果たした。

幸せな瞬間を尋ねる質問にイ・ユジンは「初めて短編映画を撮影し、帰宅するところだ。幸福感を感じる自分を見ながら、この道が自分の道だと確信した」と答えた。現在次期作「闭嘴!爱吧」の公開を待っているイ・ユジンは、韓国代表のスポーツダンス選手を演じるためにチャチャチャ、ザイブ、ルンバなどを学んだと伝えながら演技に対する情熱を示した。

実力はもちろん、微笑ましいビジュアル、独創的な魅力まで備え、今後精力的な活動が期待されるソン・カン、イ・ユジンのグラビアおよびインタビューはAllure1月号で確認できる。