楽童ミュージシャン「YGと合わないと言う言葉、理解できない」

写真拡大

楽童ミュージシャンが隠れていたダンスの実力をアピールした。

韓国で14日午後に放送されたMBC「マイ・リトル・テレビジョン」の後半で、楽童ミュージシャンは「ダンスに関して低く評価されているところがある。歌に隠れてダンスの方は光を放つことができなかったので、残念だった」と話した。

イ・スヒョンは「YGで習ったスワッグ(Swag:ヒップホップ音楽で使われるスラングで、その人の持つスタイル、センス、魅力、あるいは自信の意) を披露したい」と話した。イ・チャンヒョクは「楽童ミュージシャンがYGとは合わないと言う。私たちうまくダンスが踊れるのに、違うカラーだと言われる理由が分からない」と述べた。

するとイ・スヒョンは「同じカラーだ」と強調した。イ・チャンヒョクは「ピアノとギターが私たちの壁だ。超えなければならない山だ」と語った。その後2人はBIGBANGの「FANTASTIC BABY」に合わせでダンスをした。意外なダンスの実力を披露した2人に、皆驚いた。