解剖学博物館は来訪者がほとんどいないため、閑散としている

写真拡大

 タイ前国王が崩御されたシリラート病院は、一部の日本人からは20年も前から有名だった。

 通称「死体博物館」と呼ばれる人体標本展示室が無料開放されていたからだ。今は有料化されてしまい、かつてのようなアンダーグラウンドな雰囲気を持ったスポットではなくなってしまった。

 筆者が初めて訪れたのは1998年1月のことだ。その後も旅行で訪れるたびに足を運んでいたが、バンコクに移住してから行かなくなった。バンコクの旧市街にあたる地域で、単に居住エリアから遠かったからだ。気がつけばこれら展示室は「シリラート博物館」として整備され、有料の博物館に変貌していた。

 よほど日本人が多かったのだろう。公立とはいえ整備したからには客を呼び込もうという意気込みはあるようで、広大な病院敷地内に経路案内板が設置されているのだが、日本語が併記されている。バンコクの商業施設の看板は英語や中国語併記が圧倒的に多いのだが、シリラート博物館を訪れる外国人は日本人ばかりなのかもしれない。

 シリラート博物館は5つの医学博物館と歴史博物館で構成されている。タイには「外国人料金」が公的に使用されていて、この博物館も同様だった。

 外国人は6つの博物館を利用する場合は300バーツ(約970円)、医学博物館のみでも200バーツ(約650円)かかる。

 外国人料金は国立公園などでも設定される。タイ人の言い分としては「タイの資産なのでタイ人は安く、あるいは無料。外国人には見せてあげるのだから高く」ということらしい。シリラート博物館もタイ人は80バーツ(約260円)だ。博物館はそれぞれ離れた病棟内にあり、それぞれが医学生向けの棟のそばにある。そのため訪問客の大半はタイ人学生で、彼らは勉強のために訪れている。その点では外国人料金も納得がいくが、かつての無料時代を知っている筆者としては外国人料金にはがっかりしてしまう。

 果たして、無料だった1998年当時の人体標本展示室はどのような場所だったのか?振り返ってみよう。

◆かつては「倉庫」のようだった法医学博物館

 今のシリラート博物館の柱となるのは法医学博物館と解剖学博物館である。当時は「展示室」と呼ばれており、この2つはマニアックな日本人が訪れていた。いわば、展示室から博物館へと「格上げ」になった形だ。

 まず法医学の方は、今でも目玉である「シーウィー」が主力展示品であった。シーウィーとは中国から移民でやって来た男の名で、子どもを複数人殺害して食べていたということで死刑になった。その亡骸が蝋漬けにされ、展示されているのだ。

 ただ、98年当時の法医学標本室は、マニアックな日本人以外には完全に見捨てられた存在であった。ガラクタの倉庫然としていて、入り口にこそ棚に立てかけられたシーウィーが置かれていたものの、ほかの標本はゴミのように積み上げられていた。刃物で切られた傷を残した腕のホルマリン漬け標本のケースや銃で撃たれて穴の開いた頭蓋骨など、勝手に手に取って見ることができたものだ。

 むしろ興味深かったのは標本室よりその真裏にあった司法解剖室(行政解剖かもしれない)だった。事件事故の死体が運び込まれ解剖が行われるのだが、エアコンがないからかドアも窓も全開だった。解剖の様子は入り口に立って見ていても誰にも咎められなかった。さすがにカメラを向けると怒られたが、そのときのセリフは今でも憶えている。

「トップシークレットのエリアだ!ノーフォトだ!」

 あれだけおおっぴらにやって極秘もなにもないだろう。当時はそういった緩さがタイにはあった。今では博物館内の撮影すら禁止されている。

◆解剖実習用の献体が無造作に置かれていた当時