「かわいい!」と話題の横綱・鶴竜力三郎に密着

写真拡大

 2016年九州場所、大関・豪栄道の綱取りで湧く中、3度目の優勝を決めたのは、横綱・鶴竜(31才)だった。ここ2年ほど、けがに苦しんだ末の7場所ぶりの優勝。土俵下での優勝インタビューでは、

「これまで腐らずにやってきてよかった。2年前に止まっていた時間が動き出した」

 と、流暢な日本語で声援に応えた。今、大相撲界の横綱は白鵬(31才)、日馬富士(32才)、鶴竜ともにモンゴル人。優勝37回の王者・白鵬、闘志むき出しの日馬富士に対し、鶴竜はどちらかというと地味な印象だった。それでも、時折見せるかわいらしい表情から、隠れニックネームは「わんわん」。女性ファンからの支持は圧倒的だ。

「もう30(才)を超えているし、結婚して子供もいるんですけど、『かわいい』なんて言ってもらっていいんですかね(笑い)。愛称(の、わんわん)はもちろん知ってますよ。気になってしまうので、SNSは極力チェックしないようにしてますけど(笑い)」

 と、はにかむ鶴竜。モンゴル・ウランバートルに生まれた彼が、日本の大相撲に入門したのは、15才の時。モンゴル人力士の旭鷲山、旭天鵬(現・大島親方)らの活躍ぶりをテレビで見て、力士に憧れたのだ。

「子供の頃から、まったく相撲の経験はありませんでした。中学生の時、力士志望の少年を集めた大会に出たのですが、いい結果を残せなくて…。それで、自分なりに考えた結果、日本の相撲関係者に手紙を書いて、『入門したい』と伝えることにしたんです」

 当時、鶴竜の父親は、ウランバートルの大学で教授を務めていた。同じ大学の日本語教授に翻訳してもらった手紙を2か所に送り、運命的にたどりついたのが、井筒部屋入門への道だった。

「とにかく力士になりたい、その一心だったんです。だけど、その時は身長173cmで、体重が65kgくらい(当時の入門規定は、体重75kg以上)。新弟子検査を受験するまで、食べて、食べて、体を大きくして、なんとか合格した時は本当にうれしかったですね。

 やっと叶った夢ですから、何があっても音を上げるわけにはいかないと思っていました。でも、最初の頃は、師匠(井筒親方=元関脇・逆鉾)や部屋の兄弟子が話している言葉が、まったくわからない。そこで役に立ったのが、バラエティー番組のテロップとカラオケです。私が最初に覚えた日本語の曲は、村田英雄さんの『王将』なんですよ(笑い)」

 入門からの努力が実って、相撲界で「一人前」とされる十両に上がったのが、2005年九州場所のこと。そして、2012年夏場所に大関に昇進、その2年後、29才で大相撲界の最高峰・第71代横綱に上りつめた。

「出世が早い白鵬関、日馬富士関と違って、私の場合、一歩一歩歩んできたという感じです。少しずつ体を作って、自分に合った相撲を見つけて勝てるようになってきた。そして、3人の横綱が揃った九州場所で3度目の優勝ができて、ようやく『横綱の責任を少しだけ果たせたかな?』と思えたんですね。今年はけがをせずに1年間土俵を務めたいと思います」

 3度目の優勝を決めて、表彰式に向かう花道で、ムンフザヤ夫人から祝福のキスを受けたシーンはテレビでも中継された。

「あれは、ちょっとはずかしかったですね(笑い)」

 今年、「鶴竜スマイル」を何度見られるのか楽しみである。

【Profile】
かくりゅう・りきさぶろう●1985年、モンゴル・ウランバートル市生まれ。本名、マンガラジャラブ・アナンダ。186cm、155kg。2001年九州場所初土俵、2012年夏場所、大関昇進。2014年夏場所、第71代横綱に昇進。得意技は、突っ張り、右四つ、寄り、下手投げ。優勝3回。井筒部屋所属。

※女性セブン2017年1月26日号