YG&JYP&SM、3社のダンスの違いとは?楽童ミュージシャンが比較(動画あり)

写真拡大

「マイ・リトル・テレビジョン」で楽童ミュージシャンが3大エンターテインメントのダンスを電撃比較した。

韓国で14日に放送されたMBC「マイ・リトル・テレビジョン」には楽童ミュージシャン、イ・ギョンギュ、キム・グラ、DinDinが出演し、視聴率競争を繰り広げた。

後半戦が始まるとダンスコンテンツを取り出した楽童ミュージシャン。

二人はJYPのダンスの特徴を説明しながら、「何かを拭く感じ」とゆらゆらとウェーブを見せ、笑いを誘った。

続いてYGは「男女共にパワフルだ。バウンスが大事だ」と話し、SMは「キレが大事だ。そのようなダンスがカル群舞(体を曲げる角度から指先まで完璧に合わせ、刃物のようにキレのあるダンス) の始まりだ。それにメンバー数が多いからか、分身術を使ったようなダンスもある」とし、会社別のダンスを比較説明して視線を引きつけた。