香港カーブとは何か?

写真拡大

ある世代以上の人間にとって香港のイメージは、ビルの地上スレスレを飛行機が飛ぶ姿ではないでしょうか。これは香港のわいざつなイメージを現しているものとして、映画などにも使われています。香港のもうひとつの名物といえば横に大きく伸びた看板です。これは、航空機の衝突事故をさけるためにそうなったという説もあります。

いつまであった?

香港は1998年に郊外に新空港ができるまで、中心部に啓徳空港と呼ばれる空港がありました。滑走路一本のみで、世界各地からの飛行機が発着していたのですから、とても忙しい空港であったといえるでしょう。啓徳空港のすぐそばには、カオスな空間として知られる九龍城城塞もありました。

カーブが名物

香港の啓徳空港へ着陸する飛行機は、巨大なカーブを描いて着陸を行っていました。そのため、イメージとしてはコーヒーカップの中に円を描くように飛行機が着陸する空港でした。パイロットの力量が試される空港であり、世界一着陸が難しい空港ともいわれていました。この着陸法は、香港カーブ、あるいは香港アプローチと呼ばれ、多くの航空ファンを魅了しました。