俺の彼女じゃなくてよかった! 「残念彼女」の特徴・6つ

写真拡大

男性は、友人の彼女と自分の彼女を比較してしまうことがあるでしょう。他人の彼女のひどい様子を見て、「俺の彼女じゃなくてよかった」なんてことを思ってしまうこともあるようです。どんな女性がそう思われてしまうのか、男性の正直な気持ちを聞いてみましょう。

■1.彼氏のお金目当て

・「ATMと同じような扱いをされている場合」(38歳/情報・IT/技術職)

・「浪費家で平気でお金を借りてくる人」(30歳/自動車関連/技術職)

意外と周囲に気づかれるのが、お金目当ての女性です。高価な贈り物を男性にねだったり、デート代をすべて払ってもらっている女性を見ると、「俺の彼女だったら大変だったな」と思われるのでしょう。

■2.すぐにほかの男性に目移りする

・「ほかの男と連絡交換したり遊ぶ子だと無理」(37歳/印刷・紙パルプ/技術職)

「彼女」としては、すぐにほかの男性に目移りするような女性とは誰も付き合いたくないでしょう。浮気とまでいかなくても、たくさんの男性と出会い、デートをし、2人きりで食事に行ったりするような女性は、その彼氏がまわりからかわいそうに思われるでしょう。

■3.自己中心的で彼氏を尻に敷いている

・「男性が尻に敷かれるのを見たとき」(37歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

・「自己中心的で相手の男性を支配しているような女性。本当に無理だな」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「気が強く、彼氏を顎で使っている彼女」(34歳/その他/販売職・サービス系)

友だちの彼女に会ったときにもっともイヤだと感じるのが、自己中心的な女性のようです。まるで小間使いのような扱いで、「あれ買って」「この荷物持って」などと指示を出しているよう様子など見てしまうと、そうはなりたくないと感じられるようです。

■4.言葉遣いが汚い

・「言葉遣いが汚く、まわりで聞いていても不快になる女性」(29歳/運輸・倉庫/専門職)

周囲に配慮ができないということとつながるかもしれませんが、言葉遣いが汚い女性もいます。仕事中はきちんと話すのかもしれませんが、彼氏だからと言って何でもかんでも言っていいわけではありません。礼儀のなっていない女性は、彼氏の友だちからも見放されてしまうようです。

■5.家事ができなさすぎる

・「部屋が汚い、清潔感がない人かな」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

・「家事が全然できない。家事が嫌いであることを自慢している人」(27歳/小売店/事務系専門職)

料理や掃除ができる女性は男性から人気が高いので、それができなさすぎる女性は引かれてしまうようです。なんでも完璧にこなしてほしいというわけではなくて、人並みであってほしいだけでしょう。家事が苦手だと自覚している女性は、少しだけ努力をしたほうがいいかもしれません。

■6.彼氏を束縛する

・「束縛が激しくストーカーみたいな女性」(38歳/不動産/技術職)

・「やたら嫉妬深く情緒不安定な女性」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

彼氏のすべてが気になって仕方ないのかもしれませんが、過度な束縛は相手を苦しめるもの。なんでこんな苦しい思いをして付き合っているんだろうと思われてしまいそうです。

■まとめ

男性が男友だちの彼女を見て「俺の彼女じゃなくてよかった」と思う状況は、案外多いのかもしれません。なかなかいい恋愛ができないと思っている人は、知らず知らずのうちに、上記のような残念彼女になっていないか、一度自分自身を振り返ってみることも必要かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2017年1月5日〜1月6日
調査人数:250人(22歳〜39歳の働く男性)