期待高まる! - 写真はオリジナル版「ツイン・ピークス」より
 - ABC Photo Archives / ABC via Getty Images

写真拡大

 米ケーブル局Showtimeで25年ぶりに復活するテレビドラマ「ツイン・ピークス」の新シリーズが、現地時間5月21日からアメリカで放送されることがテレビ批評家協会(TCA)のプレスツアーで発表された。

 Deadlineなどによると初回は2時間放送で、終了後、Showtime局のウェブサイトに第3、第4エピソードがアップされるという。新作はデヴィッド・リンチ監督が全エピソードを監督。1本の長い映画として撮影し、140時間を編集で切り分けてエピソードにする予定だと報じられており今回、18エピソードになることが発表された。「記憶に残る18時間になるでしょう」とShowtimeの社長デヴィッド・ネヴィンスはコメントしている。

 第3、第4エピソードがオンラインで早めに公開される以外は、週1回で放送されるとのこと。すでに全エピソードを視聴したネヴィンスは、新作を「デヴィッド・リンチ版の純度100%のヘロイン」と評し、オリジナル版同様、目を離さずに細かい部分まで気を配り、時間をかけて自分の中で組み立てていく作品だと言っている。

 18エピソード以降「さらなるシーズンの可能性は?」との問いに、ネヴィンスは「一度限りのイベント」と答え、続編はないことを明らかにしている。(澤田理沙)