表面の破れ、色味、綿のふくらみも「治療」(写真は公式サイトから)

写真拡大

ボロボロになってしまったお気に入りのぬいぐるみを「患者」として「治療」する。そんな「ぬいぐるみ病院」がある。

ぬいぐるみを「物」ではなく「家族」と考える客から依頼が殺到しており、1か月で1000件の予約が入る時期もあった。取材に答えた「ぬいぐるみ病院」の運営会社代表は「状態によるが、ぬいぐるみは治療を続ければ100年ほど長持ちすると思う」と話している。

内科、外科、リハビリに美容室までそろう

「ぬいぐるみ健康法人もふもふ会 ぬいぐるみ病院」のウェブサイトを見ると、一般の病院のように複数の「診療科」がある。まず「内科」で触診し、適切な治療方法を決定する。「外科」では、綿の入れ替え、ビーズ袋の交換、穴の縫合や、はげた表面への植毛も行う。他に、顔や体部分のゆがみを矯正する「整形外科」、プラスチックなどの素材が使われる場合がある目・耳・鼻・口を修復したり整えたりする「眼科・耳鼻科」、さらに、ぬいぐるみ表面についた汚れを落とす「入浴」も行う「リハビリテーション科」がある。

このぬいぐるみ病院を運営する「こころ」(本社・大阪府豊中市)代表取締役・堀口こなみさんが2017年1月13日、J-CASTヘルスケアの取材に答えた。もともと同社はぬいぐるみ販売を手がけており、客から「毎日一緒に生活する中で、綿がつぶれたり表面が汚れたりしてしまう。何とかならないか」という相談を多く受けていた。そこで、ぬいぐるみ病院を立ち上げ、「綿の入れ替え」と「風呂」のサービスを「2年ほど前に始めました」という。

全国的にも珍しい取り組みで、問い合わせは多いときで月に約1000件にのぼる。予約が増えすぎたため16年6月にいったん受付をストップした。同年12月22日に再開したが、「それから10日間で予約が殺到したため、現在は受付を再度休止させていただいております」。需要はかなり大きい。

「治療」は縫製や手芸に秀でたスタッフを中心に10人ほどで行っている。ファッションデザインを型紙に起こすパタンナーや、着物の縫製を手掛けていたスタッフもおり、「個別の症状に応じて創意工夫を凝らしながら治療にあたっている」と堀口さんは話す。客からのさまざまな要望に応えていく過程で徐々に治療項目が増えていったそうで、たとえば「髪型を変えたい」との声から、ぬいぐるみのイメチェンを助ける「美容室」も設置した。

「クリーニング店で丸洗い」に抵抗感じる持ち主

堀口さんによると、一般的にぬいぐるみのケアはクリーニング店で行われているという。

「衣服と同じように丸洗いされますが、『物』でなく『家族』や『友人』として接する人には抵抗があり、当院を利用されるケースは多いです。『家族に縫ってもらっていたが限界があった』『こういう病院を探していた』といった声もこれまで頂きました。少しずつ皮膚を強化したり、綿を入れ替えたりといった適切な治療を続けていけば、ぬいぐるみは100年ほどもつと思います」

治療期間は状態によるが、2週間から長ければ3か月ほどかかり、その間は「入院」するため客の手元を離れる。堀口さんは、ぬいぐるみ病院が背負う責任についてこう話す。

「寂しさのあまり泣き出してしまったり、入院中に心配してご連絡されたりする方もいます。ある親子は、本当に治るか不安を口にする母親に、息子さんが『先生がちゃんと治してくれるから心配しないで』と声をかけていました。それだけ大事なぬいぐるみを預けていただくという信頼と期待に応えなければならない、と日々思いながら治療にあたっています」

増え続ける問い合わせに対応するため、持ち主自身が自宅でもできるケアの方法を学ぶ「ドクターコース」の開設や、風呂の入れ方を教える動画の制作などを検討しているという。「どういう展開が一番喜んでいただけるかを模索しています」と堀口さんは話した。