飛行機の座席の中での最上級"ファーストクラス"は、同じ飛行機に乗っていても覗くことさえ難しい、一部の人だけに与えられた空間…。そんなファーストクラスの中って、一体どうなっているの?

今回はあるYouTuberが体験した、「ファーストクラス搭乗ドキュメント」をコスモポリタン オーストラリア版から。

世界的に大人気のYouTuber、ケイシー・ネイスタットさんが、ニューヨーク⇔ドバイ移動にエミレーツ航空のビジネスクラスを利用したところ、なんと復路がファーストクラスにアップグレードされたのだとか。

14時間の長いフライトにも関わらず、ケイシーさんはひと時も退屈しなかったもよう。まず、ファーストクラスの座席は完全なるプライベート空間。そして電動で開閉するドアに興奮しつつ、窓の下に備え付けられたサイドテーブルを開けてみるとミニバーが出現! TVの液晶モニターも巨大で、「まるで映画館みたいだ」とケイシーさん。

これが機内!?ファーストクラスのリポート動画がすごい
これが機内!?ファーストクラスのリポート動画がすごい

食事のメニューも、さすがはファーストクラス! 高級レストランのような豪華なメニューの中から、ケイシーさんがチョイスしたのはキャビアの前菜など。しかも乗客の好きなタイミングでオーダーが可能なのだとか。

これが機内!?ファーストクラスのリポート動画がすごい

そして食事の後は就寝タイム。フルフラットになる座席をCAが丁寧にベッドメイキングしてくれ、空の上のベッドが完成!

これが機内!?ファーストクラスのリポート動画がすごい

極めつけは、飛行機の中でのシャワー! シャワールームは広々としていて豪華だし、アメニティも高級ホテル並みに揃っているよう。

これが機内!?ファーストクラスのリポート動画がすごい

至れり尽くせりの設備とサービスに、ため息が止まらない…。

ちなみにケイシーさんがその日のニューヨーク⇔ドバイの運賃を調べたところ、本来ならファーストクラスのお値段は2万1,635ドル(約245万円)!

簡単にはファーストクラスに乗れそうにないけど、ケイシーさんの動画を見て、乗った気分だけでも味わって(笑)。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN AU