彼の隠された本音とは…?実は妬いてなんかない「ビジネス嫉妬」

写真拡大



皆さんの彼氏は、ヤキモチ焼くこと、ありますか?

本当は妬いてなんかいないのに、ヤキモチ焼いてをしているような雰囲気を醸し出すことで、彼女に「私って愛されてるんだなぁ」と思わせることを「ビジネス嫉妬」と言います。

必要以上に詮索したり束縛はしないので、ほどよく女性の気分よくさせます。ウザいと思われない範囲で可愛くヤキモチを焼く「ビジネス嫉妬」。いったいどんなものがあるのかが分かれば、彼が実際にはどう思っているのかを知るきっかけになるかも。早速見ていきましょう!

■■仲間と遊びにいくときに「浮気するなよ〜」

「学生時代の友達の仲間と会いにいくとき、本当は全然心配していないけど冗談めかして“浮気するなよ”って言う。彼女は“もう!そんなことしないよ〜”と言いながらも嬉しそうだし、男もいる仲間と会うときは、何も言わずに送りだすよりも、嫉妬している風にしたほうが彼女の機嫌がいい」(20代/不動産)

異性も含めた仲間と遊びに行くときに言われがちなのが「浮気するなよ〜」というビジネス嫉妬。彼女に「私って愛されてるなあ」と感じさせるとともに、「そんなことしないよ、○○君が一番だもん♪」という言葉を引きだして、イチャイチャに持ちこむことも。彼女が嫉妬されて気持ちよくなれることは計算済みなのです。

■■女友達と飲みにいくときに「可愛いから心配だよ」

「女友達同士で旅行や飲みにいくと言われたとき、ナンパを心配している風を装ってる。嫉妬しておくほうが、自分が遊びに行くときとかも何かと信用してもらいやすい気がする」(20代/コンサル)

女友達と飲みにいくときに、少し不安げな表情で言われる「可愛いから心配だなぁ」というビジネス嫉妬。彼女のことを「可愛い」と褒めるのと同時に心配もするという、女子をキュンとさせること必至の嫉妬ですね。彼女を最近褒めてないな、この前可愛い女友達と食事をしちゃったな、なんていう後ろめたい気持ちがあるときにこの嫉妬の使用率がアップするそう。

■■遊んだ話をした後に「俺といるときよりも楽しそうだな」

「友達と遊んだときの話を聞いているときに、冗談っぽく“俺といるときよりも楽しそうだな”ってすねたら“可愛い”って言われた。(笑) ぶっちゃけ今彼女に養ってもらっているので、こうやってビジネス嫉妬しておいたほうが都合がいいです(笑)」(20代/フリーター)

友達と遊んだ話をしたときにつぶやく「俺といるときよりも楽しそうだな」という冗談もビジネス嫉妬のひとつ。彼女に捨てられたら生活ができないようなヒモ彼氏が使うことが多いそうです。可愛くすねることで彼女を癒し、母性本能をくすぐることで「この人がいるから今日も仕事を頑張ろう」という気持ちにさせるそう。

■■LINEで気まずいときに「たまには俺のこともかまってね」

「彼女からのLINEをスルーしていて、久しぶりに連絡したら彼女からの返事が1日経ってもこなかった。もしかして拗ねてるのかな〜と思って、 “たまには俺のこともかまってね”ってLINEしたら、“○○くんもヤキモチやいてくれるんだ♪”って嬉しそうな返事がきた」(20代/学生)

連絡がマメでない彼から「最近さびしいな、俺のこともかまってね」というLINEが送られてきたらビジネス嫉妬の可能性が高いです。怒っている彼女をコロッと機嫌よくさせるために、ビジネス嫉妬をするそうです。「私だけじゃなくてあなたも寂しかったのね」と思わせることで、彼女の怒りをおさめるのです。

■おわりに

ビジネス嫉妬か、本当の嫉妬か見わけるのは難しいですが、ウザくない程度にヤキモチを妬いてくれるのは女性にとっては、やっぱり嬉しいものなんですよね。「私って愛されてるのね!」と過信せずに、冷静に彼の言動を見つめてみましょう。(小林リズム/ライター)

(ハウコレ編集部)